Adjust、アプリ内広告の収益をユーザーレベルで正確に計測する「User-Level Ad Revenue」レポート機能を発表

メディエーションプラットフォームベンダーとの協業で実現、対応ベンダーは随時追加
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/2/25 7:00

モバイル計測とアドフラウド防止のAdjustは、「ユーザーレベルでの広告収益(User-Level Ad Revenue)」レポート機能の提供を2月22日開始した、と同日発表した。メディエーションプラットフォームベンダーとの協業によって実現したもので、今後対応ベンダーを随時追加していく。

User-Level Ad Revenue機能により、アプリパブリッシャーはアプリ内広告に由来する収益を正確に計測し、各広告に対するユーザー行動を把握することが可能になる。また、ユーザーのライフタイムバリュー(LTV)の計測や、リターゲティング、クロスプロモーションキャンペーンの最適化を行うことが可能になる。

ユーザー単位の広告収益データにより、「広告に接触するユーザーはどこからやって来るか」「どのキャンペーンが広告費を上回る収益を生んでいるか」「どのユーザーが最も広告収益を生み出しているか」といった疑問を解決することができるという。

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]