電通アイソバー、顧客視点のデータ分析を独自設定した「Adobe Analytics」の導入支援サービスを提供

データの取得、ユーザー行動分析を行う軸となるデータ項目をあらかじめ設計し提供
よろしければこちらもご覧ください

デジタルソリューションサービスの電通アイソバーは、アドビシステムズのデジタルマーケティングソリューション「Adobe Marketing Cloud」のデータ管理基盤「Adobe Analytics」の導入から運用・活用を支援する「Quick Win for Analytics」の提供を開始する、と1月24日発表した。Quick Win for Analyticsは、Adobe Analyticsを迅速に導入し、データの取得からデジタルプラットフォーム上のユーザー行動分析を行う軸となるデータ項目をあらかじめ設計し提供する。

Quick Win for Analyticsのサービス概要は、Webだけでなくモバイルアプリなどデバイスをまたいだ顧客行動をデータで捉えるための考え方を整理し、Adobe Analytics導入時に必要な取得データの設計、実装項目一覧、SDR(Solution Design Reference)を導入パッケージとして用意し、DTM(Dynamic Tag Manager)による実装を行うことで、要件検討や設計から実装にかかる工数を軽減し、迅速な導入とデータの蓄積開始を実現する。蓄積するデータは導入企業のデータ分析基盤となり、MAやDMPなどデジタルマーケティング活動の強化を図るソリューション群の導入・活用に寄与していくという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]