AIは「脅威ではなく機会」77%、「人の仕事を代替する」65%: ビジネスリーダー1614人に富士通が15か国で調査

世界15か国の経営層およびそれに準ずる意思決定者(ビジネス・リーダー)1,614名を対象にした、デジタル革新の動向・実態調査

世界15か国の経営層およびそれに準ずる意思決定者(ビジネス・リーダー)1,614名を対象に、デジタル革新の動向・実態調査「グローバル・デジタル革新調査」を実施した結果を、富士通が4月18日に公開した。

調査は、AIやIoTなどのデジタル技術がビジネスや社会に組み込まれることで、人々の働き方や日々の生活などに革新的な変化を引き起こす「デジタル革新」についての企業の取り組み状況などを調べたもの。

  • AIがビジネスや人々の仕事に与える影響をビジネスリーダーがどうとらえているのか
  • デジタル革新が進む時代に人々が強化すべき能力やスキル
  • 組織がデジタル革新を成功させるために必要な要因
  • デジタル革新への取り組み状況
  • デジタル革新が成果としてどの程度ビジネス貢献しているか

などの調査結果をレポートしている。

資料は、富士通の「Fujitsu Technology and Service Vision」のページから無料でダウンロードできる。

AIは機会なのか脅威なのか。人の仕事を代替するのか?

AIを機会だととらえるか脅威だととらえるかという質問に対しては、ビジネスリーダーの77%が「機会である」と捉えており、「脅威である」ととらえているビジネスリーダーは6%に過ぎなかった。

また、「AIが将来的に人の能力を拡張すると思う」と回答したビジネスリーダーは全体の82%、「AIが将来的に人の仕事を代替すると思う」と回答したしたビジネスリーダーは全体の65%だった。

デジタル時代には専門知識に加えて発想力や創造性が重要

デジタル時代に人が最も強化しなければならない能力に関する質問では、「デジタル技術に関する専門知識」(18%)に加えて、「発想力や創造性」(17%)などが必要であると答えている。

デジタル革新を成功させる要因、人材・リーダーシップ・プロセス

デジタル革新で成果を上げるために重要な要因としては、「革新に必要なスキルを持った人材の確保」(19%)、「経営層や担当役員によるリーダーシップの発揮」(18%)、「革新に対応できる組織やプロセスの整備」(17%)が上位としてあげられている。

AIやIoTなどのデジタル革新に89%のビジネスリーダーが取り組み、34%のプロジェクトで売上増加などの成果

ビジネス・リーダーの89%が、属する企業や組織において、すでにデジタル革新へ向けた取り組みを開始していると回答している。

またそれらの取り組みは、検討やトライアルではなく、具体的な成果を目指した実行のステージにも進んでいる。実際に、そうして実行されたデジタル革新プロジェクトの34%で、売上増加や顧客との関係強化などの成果を挙げている。

マーケティング業務でのデジタル革新が進む

デジタル革新へ向けた取り組み状況を分野別に見ると、業務においては「マーケティング」(38%)がトップ。次いで「ワークスタイル」(35%)、「運用保守」(30%)の分野で多く取り組まれている。

プロジェクトの進捗を各業務でみると、成果の段階まで進んでいる比率が最も高かったのはマーケティング業務だった。

業種専門領域では、「金融・保険」(51%)や「医療・福祉」(51%)、次いで「製造」「運輸」の分野において、デジタル革新に関するより多くの取り組みが行われている。

プロジェクトの進捗を各業種でみると、成果の段階まで進んでいる比率が最も高かったのは製造領域だった。

得た成果は「売上の増加」が46%と最多

デジタル革新が進んだことによって得られた具体的な成果のトップは、「売上の増加」(46%)や「顧客との関係強化」(44%)。そのほか、「商品競争力強化」(36%)、「コスト削減・効率化」(35%)が並ぶ。

デジタル革新がビジネス成長に貢献し始めていることがわかる。

◇◇◇

ここで紹介したものを含め、完全版の資料には次の調査結果データが掲載されている。

  • デジタル革新に取り組んでいますか?
  • デジタル革新の進捗状況は?
  • 業務のデジタル革新に取り組んでいますか?
  • 業務のデジタル革新の進捗状況は?
  • 業種専門領域のデジタル革新に取り組んでいますか?
  • 業種専門領域のデジタル革新の進捗状況は?
  • デジタル革新の成果は?
  • 分野ごとの成果レーダーチャート
  • デジタル革新の成功要因は?
  • デジタル革新の阻害要因は?
  • デジタル革新を実現する上で、どのパートナーの協力が必要か?
  • テクノロジー・パートナーに求める要素は?
  • AIを機会と捉えていますか、脅威と捉えていますか?
  • AIは、将来的に人の能力を拡張すると思いますか?
  • AIは、将来的に人の仕事を代替すると思いますか?
  • デジタル時代に強化しなければならない能力は?

調査概要

  • 実施時期: 2017年2月
  • 調査対象:
    • 企業規模: 中規模以上
    • 対象者: 経営層(CEO/CMO/CFO/CIO/CDO/CSO)、および経営層に相当する意思決定者
    • 対象国、人数: 15か国、1614名
      日本(309名)、アメリカ(258名)、カナダ(56名)、イギリス(103名)、ドイツ(103名)、スペイン(103名)、フランス (103名)、スウェーデン(52名)、フィンランド(56名)、中国(103名)、韓国(55名)、タイ(52名)、シンガポール(103名)、インドネシア(52名)、オーストラリア(106名)
  • 調査方法: オンラインによる無記名のアンケート記入
  • 調査項目:
    • デジタル革新の現状認識:分野、進捗、成果、成功要因、課題
    • デジタル革新に必要なパートナー
    • AIの認識、デジタル時代に強化すべき能力
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]