「LINEビジネスコネクト」と連携し、顧客ごとのLINEメッセージ配信可能に、売れるネット広告社

申し込み日を起点にLINEでステップメッセージを送ることで、引き上げ率、リピート率向上へ
よろしければこちらもご覧ください

売れるネット広告社は7月7日、リピート通販支援ASPツール「売れるネット広告つくーる」に「LINEビジネスコネクト」を連携させ、LINE上で顧客に対し個別にコミュニケーションを自動で行うことを可能にするサービスを開始した。

「LINEビジネスコネクト」と通販向けシステムが連携するのは今回が初めて。

メールの反応率が下がってきているが、大手通販においても顧客とのコミュニケーションツールはいまだメールしかなく、新たなツールが求められている。LINEで顧客とコミュニケーションできるようにすることで、引き上げ率、リピート率の向上につながるとみられる。

通常の「LINE公式アカウント」/「LINE@」では、通販企業は「友だち」全員にすべて同じ内容のメッセージを一斉に送る一斉配信型しか対応してなかったが、今回「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、「売れるネット広告つくーる」において、企業が持っている顧客データベースと連携し、顧客ごとにLINEでのメッセージ配信ができるようになる

これにより、申込日を起点にあらかじめ設定しておいたシナリオやストーリーのあるLINEメッセージが7日後・10日後・30日後などのスケジュールごとに自動で配信できるようになり(ステップLINE)、引き上げ率やリピート率の向上につなげることができるようになる。

また、「売れるネット広告つくーる」では、初回申込みをした時間に合わせて、その後のメールを送る機能も備えており、LINEメッセージでも初回申込み時間に合わせたメッセージの配信ができるようになっている。

商品を購入した時間というのは、そのユーザーにとってもっとも買いやすい時間であるということ。特にスマホを扱っている時間にLINEメッセージが届けば、効果が高まることは間違いない」(加藤公一レオ社長)

LINEとの連携機能は「売れるネット広告つくーる」の基本機能として提供するため、「売れるネット広告つくーる」の導入企業であれば、追加費用話で利用できる。ただし、LINEとの「LINEビジネスコネクト」利用料金が必要で、月額基本料金50万円、メッセージ送信1通当たり1円の従量課金がかかる。

加藤公一レオ社長は、次のように話している。

これまでメールでしか顧客にアプローチできなかったが、今回のサービスによりLINEメッセージで顧客にアプローチできるようになる。大手通販企業の多くがすぐにでも利用したいといっており、この取り組みはネット通販において大きな革命となりそうだ。今後はLINEメッセージならではの顧客の反応なども出てくると思うので、当社の得意のABテストをしながら、LINEメッセージに最適な仕組みを構築していきたい。

LINEメッセージを使ったキャンペーンフロー図

オリジナル記事はこちら:「LINEビジネスコネクト」と連携し、顧客ごとのLINEメッセージ配信可能に、売れるネット広告社(2015/07/06)

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]