スマートフォンからのインターネット利用者は4月時点で4832万人、5000万人に迫る規模

ニールセンのインターネット利用動向、スマートフォンの増加率は鈍化、PCからは5100万人
よろしければこちらもご覧ください

視聴行動分析サービスを提供するニールセンは、最新のインターネット利用動向を5月26日発表した。スマートフォンからのインターネット利用者は4月時点で4832万人と、5000万人に迫る規模に成長した。PCからは5100万人で横ばいだった。スマートフォンからの利用者は継続的に増加しているものの、増加率はやや鈍ってきている。スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」とPC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView」のデータを基にした。

インターネット利用者は2013年4月がスマートフォン2883万人、PCは5728万人だった。1年後の2014年4月はそれぞれ4055万人、5206万人で、スマートフォンは1年で41%増加した。2015年4月までの1年では19%増と鈍化している。性・年代別では若年層の増加率が低下した半面、高年齢層が高い。「50代以上の女性」の57%増が最も高く、次いで「50代以上の男性」の32%増だった。2015年4月時点で50代以上の女性は309万人、50代以上の男性は646万人となっている。

インターネット利用時間を見ると、2015年4月はスマートフォンから1日あたり1時間48分、PCからは同54分だった。スマートフォンは2014年4月から7%(8分)、PCは5%(3分)増えた。性・年代別のスマートフォンからの利用時間は「29歳以下の女性」が最も長く、同2時間24分利用。次いで「30代の女性」の同1時間52分となった。全体的に女性の方が男性より長い傾向にある。分野別ではスマートフォンからの利用時間が最も増加したのは「エンターテイメント」だった。

ニールセン
http://www.netratings.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]