ニールセン、Nielsen Mobile NetViewのアプリ利用状況分析で、月に1回以上利用するアプリは27個

利用の内訳は、アプリからの利用時間がWebブラウザの約2.5倍で、全体の72%
岩佐 義人(Web担 編集部) 2014/10/2 23:52

インターネット調査のニールセンは、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」の7月データを基にアプリの利用状況を分析し、10月1日、結果を発表した。スマートフォンの利用時間全体のうち、アプリからの利用とWebブラウザからの利用の内訳をみると、アプリからの利用時間はWebブラウザの約2.5倍で、全体の72%を占めていた。また、1人あたり、月に1回以上利用するアプリの数は27個で、月に10回以上使用するアプリの数は9個だった。 Nielsen Mobile NetViewは日本全国の4000人(iOS、Android各2000人)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成する。

利用回数ごとに、利用しているアプリのカテゴリを見ると、月に1回以上利用するアプリではゲームや動画を含む「エンターテイメント」が全体の27%で、平均では7個のアプリを利用していた。月に10回以上利用するアプリは、エンターテイメントが1.6個に減少し「サーチ、ポータルとSNS」やメールやチャットなどの「コミュニケーション」アプリの割合が高くなっていた。年代別にアプリの利用状況をみると、アプリ数には年代による大きな差はなかった。利用時間では、若年層ほど長時間利用していることがわかった。長時間利用しているアプリのカテゴリは、どの年代でも「サーチ、ポータルとSNS」「エンターテイメント」「コミュニケーション」がトップ3となり、利用時間全体の70%以上を占めていた。

ニールセン
http://www.netratings.co.jp/

用語集
Android / SNS / Webブラウザ / iOS / アプリ / インターネット / スマートフォン / ブラウザ / ポータル / 視聴率
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]