ニールセン、Androidスマートフォン利用動向計測でスマホのインターネット利用時間がPCを上回る

1人あたりの月間利用時間はAndroid利用者が1492分、PC利用者は1301分
よろしければこちらもご覧ください

インターネット調査のニールセン(旧ネットレイティングス)は、スマートフォンの利用動向を計測し、レポートする新サービス「Mobile NetView」のパイロットデータを12月10日発表した。パイロットデータによると、Androidを搭載したスマートフォンでインターネットを利用する1人あたりの利用時間は、PCを介してインターネットを利用する1人あたりの利用時間を上回っていることが分かった。Android利用者とPC利用者の1人あたりの月間利用時間は、Android利用者が1492分だったのに対し、PC利用者は1301分だった。計測は、調査協力の同意を得たユーザー調査パネルのWeb/アプリ利用状況をユーザーログで計測するMobile NetViewのシステムを利用して行った。

アプリとブラウザの月間利用時間は、Android利用者がアプリ920分、ブラウザ572分だったのに対し、PC利用者はアプリ56分、ブラウザ1245分と顕著な差があり、Android利用者がブラウザではなく、専用のアプリでインターネットサービスを利用する傾向が高いことが分かる。インターネット利用頻度を示すセッション数の比較では、Android利用者1人あたりの月間セッション数が161回だったのに対し、PC利用者は46回と大きな差があった。セッションごとの平均利用時間はPCが28分、Androidは9分と、スマートフォンユーザーが日常行動の中でこまめに、すき間時間を使ってインターネットサービスを利用しているライフスタイルであることが分かる。ブラウザを利用したページビューの比較では、Androidが月間1人あたり1534ページに対し、PCは2565ページと、ブラウザ上で表示する広告媒体としては、まだPCサイトが優位であるといえる。

ニールセン
http://www.netratings.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]