ニールセン、SNSの最新利用動向調査でスマートフォン利用者の92%がSNSを利用

SNSカテゴリ全体では2014年4月にスマートフォンからの利用者数がPCを逆転

インターネット調査のニールセンは、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetViewとPC版インターネット視聴率情報Nielsen NetViewのデータを基にSNSの最新利用動向をまとめ、1月27日発表した。ニールセンが分類する「ソーシャルネットワーク」カテゴリ全体では、2014年4月にスマートフォンからの利用者数がPCを逆転し、2014年12月時点ではスマートフォンからのSNS利用者は4243万人と、スマートフォン利用者の92%がSNSを利用していた。調査は日本全国4000人(iOS、Android各2000人)の調査協力モニターから取得するアクセスログを基にしたNielsen Mobile NetViewのデータと、日本全国の4万人以上の視聴者パネルから情報を収集するNielsen NetViewのデータによって行った。

2014年12月時点での主要SNSサービスの利用者数をみると、すべてのサービスでスマートフォンからの利用者数とPCからの利用者数に大きな差があり、SNSはスマートフォンを中心として利用されていることが分かった。PCからの利用者数が最多だったのは「Facebook」で1500万人となり、PCからのインターネット利用人口全体の29%が利用していた。スマートフォンでは「LINE」とFacebookの利用者数がそれぞれ3400万人前後となり、スマートフォンからのインターネット利用人口のうち70%以上が利用していることが分かった。スマートフォンからの利用率が10%を超えるサービスについて、性年代別では女性の利用率が男性よりも高く、LINEでは16ポイントの差があった。20代以下ではLINEの利用率がもっとも高く、次いで「Twitter」「Facebook」の順だった。50代以降ではFacebookの利用率がもっとも高かった。

ニールセン
http://www.netratings.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]