ニールセン、1年間のスマホ利用状況をまとめた「Life with Mobile」で、インターネットの入り口はスマホに移行

スマホからは1年間で41%増加し4000万人突破、PCからは1年間で9%減少
よろしければこちらもご覧ください

インターネット調査のニールセンは、ニールセンインターネット基礎調査、スマートフォン視聴率情報、PC版インターネット視聴率情報のデータソースを用い、2013年4月から2014年4月の1年間でのスマートフォン利用状況をまとめたレポート「Life with Mobile」を10月21日公開した。スマートフォンからのインターネット利用者数の推移をみると、2013年4月から2014年4月の1年間で1172万人(41%)増加し、4000万人を突破したことが分かった。PCからのインターネット利用者数は、1年間で522万人(9%)減少しており、インターネットへの入り口がスマホに移行し始めている状況であることが分かった。レポートはニールセンが無作為抽出で電話調査を実施しているインターネット基礎調査「Nielsen Internet Basic Report」、4万人以上の視聴者パネルで実施するPC版視聴率調査「Nielsen NetView」、4000人の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を基に作成する「Nielsen Mobile NetView」を基に作成した。

年代別でのスマートフォンの保有状況では、若年層以外の年代に急速に普及しており、50代の伸び率は15%から30%と1年間で倍増していた。カテゴリの利用状況では、ニールセンが分類する15の大カテゴリのうち半数以上の9カテゴリでスマートフォンからの利用者数がPCからの利用者数を超えている状況で、エンターテイメントカテゴリの「動画」関連サービスも2014年に入ってスマートフォンからの利用者が増加し、2014年4月には「YouTube」「ニコニコ動画」のいずれもスマートフォンからの利用がPCを上回っていた。

ニールセン
http://www.netratings.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

エゴベイト
「エゴベイト」とは、特定の人、あるいは集団の注目を引くために作られたコンテンツの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]