YouTubeのスマホ利用者は3000万人超、上位3サービス「YouTube」「ニコニコ動画」「GYAO!」利用の動向調査

ニールセンのスマートフォン、PCインターネット視聴率情報データを基に分析

インターネット調査のニールセンは、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」とPC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView」のデータを基に、「ビデオ/映画」カテゴリの最新利用動向を分析し、2月24日発表した。1年間の利用者数推移では、スマートフォンからの利用者数が2015年1月には3700万人以上だった。利用者数ランキング上位3サービスである「YouTube」「ニコニコ動画」「GYAO!」をみると1位のYouTubeはスマートフォンからの利用が3000万人を超え、PCの1.6倍となっていた。ニコニコ動画もスマートフォンでの利用がPCの1.7倍だった。GYAO!は前2者とは逆に、PCからの利用がスマートフォンの1.7倍だった。調査は4万人以上の視聴者パネルで実施するPC版視聴率調査「Nielsen NetView」、4000人の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を基に作成する「Nielsen Mobile NetView」を基に行った。

ビデオ/映画カテゴリをスマートフォンから利用する人はインターネット利用者の80%で、PCからの利用者数は緩やかながら減少傾向にあった。利用者を男女別にみると、3サービスすべてでPCは男性、スマートフォンは女性の割合が高かった。ニコニコ動画はPCの34歳以下男性の割合が28%と、他の2サービスよりも10ポイント程度高い特徴があった。1訪問あたりの利用時間は、3サービス共にスマートフォンよりもPCのほうが長くなっていた。ニコニコ動画はPCからの利用時間が27分で、スマートフォンの3分と比較して約9倍となっていた。YouTubeはPCよりもスマートフォンのほうが1人あたりの利用回数が多かった。

ニールセン
http://www.netratings.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]