Google、「モバイルショッパーリサーチ」で、スマホユーザーの67%が購入検討時にモバイル端末から検索

ユーザーの33%は検索だけでなく商品やサービスの購入もモバイル端末で行う

Googleは、日本の生活者の購買行動におけるモバイルの役割と影響についての調査「モバイルショッパーリサーチ」を7月から9月にかけ、日本国内で実施。12月6日、調査結果を発表した。スマートフォンユーザーの67%は、商品やサービスの購入検討時にモバイル端末から検索を行っており、33%は購入もモバイル端末で行っていることが分かった。調査は全国のスマートフォンユーザーを対象に、7月29日から9月19日に、4グループ×6人に対するフォーカスグループインタビュー、U&A(意識・実態)に関するオンライン調査、ニューロ・ショッパー・オンライン調査によって実施した。

調査ではこのほか、商品の購入検討や実際の購入においてモバイル端末をより積極的に使っているのは女性であることが分かった。ユーザーはモバイルを、求める情報や購入に対する利便性の高いアクセスをどこでも提供する「デスクトップの拡張」として使っており、モバイル上での比較検討は大きな役割を果たしている。アパレルや食料品、レストランにおいて、ユーザーはモバイルを価格比較やクーポンの保存・利用、在庫確認、店の場所検索など、より短期的な利益を得る目的で利用している。すべての購買プロセスのおよそ1/3はモバイルからの検索で始まり、旅行関連では特に購入検討の半数がモバイルから始まっていた。

Googleモバイルショッパーリサーチ
http://adwords-ja.blogspot.jp/2012/12/blog-post.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]