DNP、生活者の姿を把握する「カスタマーフォーカスマーケティング」をバージョンアップ

「Twitter」連携機能を追加、アンケートを実施することなく価値観クラスター判別が可能

大日本印刷(DNP)は、生活者の姿を把握して企業のマーケティング活動を支援するサービス「カスタマーフォーカスマーケティング」をバージョンアップし、「Twitter」連携機能を加えた、と9月2日発表した。日本語、日本国内で書き込まれたTwitter全データの利用権を持つNTTデータとともに、アンケートを実施することなくTwitterのIDを使う会員の価値観クラスター(集団)の判別を可能にするロジックを開発した。会員10万人で初期導入費用150万円から、次回更新費は50万円から。

Twitterとの連携によって、全てのTwitterユーザーの価値観クラスターが判別できるようになった。例えばインターネット通販の会員に対し、TwitterのIDを基に価値観の判別が可能で、ソーシャルネットワーク上で反応しやすいクラスターの早期発見や、各クラスターの特長に応じた最適なプロモーション展開ができる。バージョンアップでは、これまで30種に分類していた価値観クラスターも刷新した。5つの基本クラスターと、各基本クラスターに属する21種の応用クラスターにした。

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]