モディファイ、ソーシャルメディア管理システム「SM3」をバージョンアップ

トップページを「Twitter」クライアント化し横断検索機や効果測定機能を追加
よろしければこちらもご覧ください

ウェブアプリケーション開発のモディファイは、企業向けのソーシャルメディア管理システム「SM3(エスエムスリー)」をバージョンアップし、トップページを「Twitter」クライアント化したほか、ソーシャルメディアの横断検索、効果測定機能などを追加した、と7月8日発表した。SM3は、Twitterをはじめ代表的なSNSや一般的なブログのマルチポスト管理を可能にするソーシャルメディア専用のコンテンツ配信プラットフォーム。

トップページのTwitterクライアント化では、複数のTwitterアカウントを一元管理するとともに、Twitterの標準機能をすべてサポート。同じ画面で他のSNSへの投稿管理もできる。横断検索機能は、Twitter検索やGoogleブログ検索などを横断し、検索キーワードの保存が可能。効果測定機能は、独自の短縮URL機能を使ってTwitterに投稿したURLのクリック数の推移を日次で管理できる。

モディファイ
http://www.modiphi.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]