電通、「ソーシャル意識と行動に関する生活者調査」で社会的分野に関与度が高い層は4割

ソーシャル消費、ソーシャルコミットメント、日常のソーシャル活動の全てに関与は14.2%

広告大手の電通は、東日本大震災以降の社会的な分野への関心を受け、今後の消費動向を探るために実施した調査結果を8月8日発表した。社会的な意識を「ソーシャル意識」、消費を「ソーシャル消費」と呼び、「ソーシャル意識と行動に関する生活者調査」と名付けて行った。ソーシャル消費、意思を持って社会に関与・行動するソーシャルコミットメント、日常のソーシャル活動--の3領域のいずれかに関与度が高い層が42.2%となり、3領域全てで関与が高い層は14.2%、2領域は28.0%だった。

調査は世帯年収400万円以上の首都圏の20~60歳代男女600人を対象に3月、インターネットで行った。ソーシャル消費は社会貢献型商品や、環境・省エネに配慮した商品の購入経験がある人で、ソーシャルコミットメントは定期的に特定団体に寄付したりボランティア活動に参加する層、日常のソーシャル活動は環境、節電、食などに関与度の高い人、と定義。2領域に関与度が高い3割近い層がソーシャル消費を活発化させる原動力になるといい、今後の拡大の鍵を握っている、と分析している。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]