博報堂など4社、新しいマーケティングリサーチの手法を開発、「Social+Survey」の名で開始

ウェブアンケとソーシャルビッグデータ融合、ライフスタイルをソーシャルリスニングで分析
よろしければこちらもご覧ください

博報堂は、メディア・広告事業のユナイテッド、コンサルティング・調査のソリッドインテリジェンス、ネットマーケティングのフィードフォースとともに、ウェブアンケートとソーシャルビッグデータを融合させた新しいマーケティングリサーチの手法を開発した、と6月30日発表した、「Social+Survey(ソーシャル・サーベイ)」と名付けてサービスを始める。ウェブアンケートの回答から調査対象者を「購入者・非購入者」「新規・離脱ユーザ」「ヘビー・ライト層」などに分け、各層のライフスタイルをソーシャルリスニング分析で明らかにする。

Social+Surveyは、ウェブアンケートの設問項目に基づいて対象ユーザを効率的に明確にセグメント分けし、ソーシャルメディアの投稿履歴からさまざまな生活情報を過去にさかのぼって取得。回答者のプロフィルや商品購入状況とひも付けられる。各回答者のアカウントIDが取得可能で、回答者の調査後の発言も継続してモニタリングできる。標準パッケージで1件300万円から、期間は1ヵ月からを予定する。従来のウェブアンケートでは、ある商品の購入者・非購入者の生活全般を把握して生活者像を描くことは設問項目の限界などから困難だった。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

ユナイテッド
http://united.jp/

ソリッドインテリジェンス
http://www.solid-i.co.jp/

フィードフォース
http://www.feedforce.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]