電通など、「Facebook」での地域活性化「いいね!JAPAN」で「ソーシャルまちおこし」開始

従来のまちづくりの取り組み紹介に加えて生活者が具体的な地域の課題に参加する機会を提供
よろしければこちらもご覧ください

電通は、ブランドコンサルティングのumari、情報サイト運営のオールアバウト、広告企画・制作の電通テックなどと展開する「Facebook」を通じた地域活性化プロジェクト「いいね!JAPAN」の第2弾として、地域活性化策に生活者が参加できる「ソーシャルまちおこし」を4月25日に始めた、と同日発表した。「体験する」「買う」「寄付する」「アイデアを出す」の4種のプログラムを用意した。

いいね!JAPANは、各地で進められる環境保護や街づくりなどの取り組みを2012年4月から紹介しているが、今回、生活者が自ら具体的な地域の課題に参加・関与できる機会を設けた。官公庁、企業、NPOなどにソーシャルまちおこしの場を提供し、地域活性化策のアイデア募集、社会貢献につながる自社商品・サービスによる地域プロモーション、地域イベントの集客などに活用できるようにする。

いいね!JAPAN ソーシャルまちおこし
http://iine-japan.f-navigation.jp/socialmachiokoshi/

電通
http://www.dentsu.co.jp/

umari
http://www.umari.jp/

オールアバウト
http://allabout.co.jp/

電通テック
http://www.dentsutec.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]