プロックスシステムデザインが専用サーバーの基本スペックを強化、料金据え置き

サーバーサービスのプロックスシステムデザインは、専用レンタルサービス、ハウジングサービスで利用する専用サーバーのメモリ、HDD容量を強化した、と3月3日発表した。料金は据え置く。基本スペックの強化に合わせ、2月末までだったサーバーサービスの初期費用を割り引くキャンペーンを3月末まで延長。キャンペーンは、専用サーバサービス「E-server」スタンダードの標準構成7万3290円を3万6645円、ハウジングサービス「E-server Advance」10万5000円を3万1500円にするなどの内容。またE-server Advanceで新たに、高性能サーバーを必要とする企業向けに高いスペックと拡張性を備えた「EX」をラインナップに加えた。

プロックスシステムデザイン
http://www.prox.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]