ネット担当者フォーラム
ネットショップ担当者フォーラム 特選記事

アマゾン日本事業の売上高は約3.2兆円、ドルベースは243億ドル(前期比5.7%増)【Amazonの2022年実績まとめ】

アマゾン日本事業の2022年売上高は円ベースで3兆1958億7600万円。ドルベースでは243億9600万ドルで前期比5.7%増。

この記事は、姉妹サイトネットショップ担当者フォーラムで公開された記事をWeb担当者Forumに転載したものです。

アマゾン日本事業の2022年(2022年1~12月)売上高は円ベースで3兆1958億7600万円だった(2022年の平均為替レートを1ドル=131円で換算)。米Amazonが公表した「年次報告書」などから、2022年のAmazon日本事業、米Amazonの状況をまとめた。

アマゾン日本事業について

日本事業のドルベースでの売上高は243億9600万ドルで前期比5.7%増(2021年の日本事業売上高は230億7100万ドルで前期比12.8%増)。2016年から続いていた2ケタ増収から、2022年は1ケタ増収に鈍化した。全売上高に占める日本事業の割合は4.7%。

アマゾン日本事業の売上高推移
アマゾン日本事業の売上高推移(ドルベース)

日本銀行が参考計数として公表している「東京外為市場における取引状況(2022年中)の2022年平均レート「1ドル=131.57」を参考に、1ドル=131円で換算した場合、日本円ベースによる日本事業の売上高は3兆1958億7600万円となる。

2022年は円安・ドル高が急伸したため、日本円ベースの売上高は大幅に増えた。なお、1ドル=110円で換算した2021年の日本円ベースによる日本事業の売上高は2兆5378億1000万円。

アマゾン日本事業の日本円ベースの売上高推移(年間平均為替レートで円換算)。平均為替レートは、2010年が87円、2011年は79円、2012年は79円、2013年は97円、2014年は105円、2015年は120円、2016年は108円、2017年は112円で換算、2018年は111円で換算、2019年は109円で換算、2020年は107円で換算、2021年は110円、2022年は131円で換算)
アマゾン日本事業の日本円ベースの売上高推移(年間平均為替レートで円換算)。平均為替レートは、2010年が87円、2011年は79円、2012年は79円、2013年は97円、2014年は105円、2015年は120円、2016年は108円、2017年は112円で換算、2018年は111円で換算、2019年は109円で換算、2020年は107円で換算、2021年は110円、2022年は131円で換算)

アマゾン日本事業の売上高は直販ビジネスのほか、第三者による販売(マーチャント売り上げ)の手数料収入、定期購入サービス、AWS(Amazon Web Service)などが含まれる。

米Amazon、アマゾンジャパンともに流通総額は公表していないが、「Amazon」グローバル流通総額に占める販売事業者経由の割合は6割程度に達しており、日本も同様の流れにあると見られる。

全体の流通総額のうち第三者による販売は6割程度、手数料収入は平均して第三者販売額の約10%という推定を前提に、円ベースの売上高から「Amazon.co.jp」の流通総額を算出すると6兆円程度に達していると推測される。

グローバルの販売状況

2022年(2022年1-12月)決算によると、売上高は前期比9.4%増の5139億8300万ドルだった。なお、為替レートの前年比変動のマイナス影響を除いた場合の伸び率は13%増という。

売上高の内訳は次の通り。

  • 仕入れ商品などによる製品売上(直販売上、デジタルメディアコンテンツなど含む)
    → 2200億400万ドル(前期比前0.1%減)
  • 第三者販売サービス売上など(第三者が販売するサービスに関する手数料売上など)
    → 1177億1600万ドル(同13.9%増)
  • 定期購入売上(サブスクリプションサービス売上)など(「Amazon プライム」の会員費など)
    → 352億1800万ドル(同10.9%増)
  • AWS(Amazon Web Service)
    → 6800億9600万ドル(同28.8%増)
  • 実店舗売上(主にホールフーズの売り上げ)
    → 189億6300万ドル(同11.1%増)
  • 広告サービス
    → 377億3900万ドル(同21.1%増)
  • その他(クレジットカード契約などの売上高)
    → 42億4700万ドル
Amazonの売上高の内訳(2022年)仕入れ商品などによる製品売上(直販売上、デジタルメディアコンテンツなど含む) → 2200億400万ドル(前期比前0.1%減) 第三者販売サービス売上など(第三者が販売するサービスに関する手数料売上など) → 1177億1600万ドル(同13.9%増) 定期購入売上(サブスクリプションサービス売上)など(「Amazon プライム」の会員費など) → 352億1800万ドル(同10.9%増) AWS(Amazon Web Service) → 6800億9600万ドル(同28.8%増) 実店舗売上(主にホールフーズの売り上げ) → 189億6300万ドル(同11.1%増) 広告サービス → 377億3900万ドル(同21.1%増) その他(クレジットカード契約などの売上高) → 42億4700万ドル
Amazonの売上高の内訳(2022年)。カッコ内の数値は全体売上高に占める割合

地域別の売上高は次の通り。Amazon全体の売上高に対して日本事業が占める割合は4.7%。2021年比で0.2ポイント減った。

  • アメリカ → 3561億1300万ドル(前期比13.4%増)
  • ドイツ → 335億9800万ドル(同10.0%減)
  • イギリス → 300億7400万ドル(同7.7%増)
  • 日本 → 243億9600万ドル(同5.7%増)
  • その他 → 698億200万ドル(同9.9%増)
Amazonの地域別売上高 アメリカ → 3561億1300万ドル(前期比13.4%増) ドイツ → 335億9800万ドル(同10.0%減) イギリス → 300億7400万ドル(同7.7%増) 日本 → 243億9600万ドル(同5.7%増) その他 → 698億200万ドル(同9.9%増)
Amazonの地域別売上高(2022年)。カッコ内の数値は全体売上高に占める割合

オリジナル記事はこちら:アマゾン日本事業の売上高は約3.2兆円、ドルベースは243億ドル(前期比5.7%増)【Amazonの2022年実績まとめ】(2023/02/08)

ネットショップ担当者フォーラム
ネットショップ担当者フォーラムについて

ネットショップ担当者フォーラムでは、ECサイトを運営する企業の経営者や運営担当者、制作者が語り合う場所や、“ここに行けば情報がある”、“ここに行けば問題が解決できる”を目指したメディア運営をしています。

用語集
Amazon / アマゾン / リンク / 業績 / 海外 / 海外EC / 米国 / 越境EC
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]