アマゾン とは 意味/解説/説明

用語「アマゾン」が使われている記事の一覧

全 28 記事中 1 ~ 25 を表示中

ページ

「グーグルは酸素でありエコシステム」――ウェブ2.0エキスポに見たWeb 2.0産業論

海部 美知2007/5/17 8:0001147
ネットショップ担当者フォーラム 特選記事

ほとんど知られていない「Amazon ログイン&ペイメント」導入の仕方とその詳細

ECプラットフォームの「FutureShop2」を提供するフューチャーショップが「Amazon ログイン&ペイメント」を実装する
瀧川 正実(ネットショップ担当者フォーラム)2015/6/5 7:00737049
中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アリババのジャック・マー氏「20年後にはECがなくなる」。中国から見た「Amazon Go」

アマゾンが始めた「Amazon Go」を中国EC業界はどう見ているのか? ジャック・マー氏の発言などから中国ECのこれからの変化を探ります
ebrun2017/1/6 7:0022923355
ネットショップ担当者フォーラム 特選記事

Amazonが決済手段を拡充する理由とは。後払い、個人間送金サービス、今後は「Apple Pay」「Google Pay」も導入?

Amazonが新たに対応したモバイル決済サービス「Venmo(ベンモー)」。PayPal傘下の企業が提供しており、買い物の決済だけでなくP2Pの個人間送金も可能で、その影響は大きい。
Digital Commerce 3602022/12/9 7:00150
ネットショップ担当者フォーラム 特選記事

Googleの広告シェア奪取を狙うAmazon。その戦略とは?

2021年のAmazonの広告収入は約3兆4000億円となり、インターネット広告市場で3位の規模。ECプラットフォームとしての強みを生かすAmazonの広告戦略について解説。
森岡 健太郎2022/9/9 7:0012121
ネットショップ担当者フォーラム 特選記事

EC利用者の58%はアマゾンで商品検索をスタート。グーグルのSEOだけでなくAmazon内の表示対策が大切な理由

オンラインで商品を探す消費者の58%は、アマゾンで検索をスタートしています
Internet RETAILER2018/5/30 7:0081514
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンだけで米国EC市場のシェア43%、止まらない成長の理由

全米オンライン売上に占めるアマゾン経由の売上高の割合は、2012年が25.4%、2015年は33%。米国EC市場のamazon化が進む
Internet RETAILER2017/2/17 7:0043271
ネットショップ担当者フォーラム 特選記事

アマゾン日本事業の売上高は約1.7兆円【Amazonの2019年実績まとめ】

米Amazonが1月30日に公表した「年次報告書」などから、2019年のAmazonの事業を、日米それぞれ振り返る。
瀧川 正実(ネットショップ担当者フォーラム)2020/2/21 7:0027304
ネットショップ担当者フォーラム 特選記事

アマゾン日本事業の売上高は約3.2兆円、ドルベースは243億ドル(前期比5.7%増)【Amazonの2022年実績まとめ】

アマゾン日本事業の2022年売上高は円ベースで3兆1958億7600万円。ドルベースでは243億9600万ドルで前期比5.7%増。
瀧川 正実(ネットショップ担当者フォーラム)2023/3/3 8:0014230
ネットショップ担当者フォーラム 特選記事

アマゾン日本事業の売上高は約1.5兆円【Amazonの2018年実績まとめ】

ドルベースの売上高は138億2900万ドルで前期比16.1%増(2017年の日本事業売上高は119億700万ドルで、前の期比10.3%増)
瀧川 正実(ネットショップ担当者フォーラム)2019/3/7 7:0092150
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

グーグルがAmazonに対抗? 「Google Home」も参入した音声ショッピングの今

米国でグーグルの音声認識デバイスを利用した商品の販売が始まった。
Internet RETAILER2017/3/9 7:007143
ネットショップ担当者フォーラム 特選記事

アマゾン日本事業の2016年売上高は約1.1兆円【Amazonの2016年販売状況まとめ】

米Amazonの2016年における連結総売上高は前期比20.7%増の1359億8700万ドルで、日本事業の売上高が占める割合は7.9%
瀧川 正実(ネットショップ担当者フォーラム)2017/2/28 7:0046325
BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『アマゾンのロングテールは、二度笑う』 「50年勝ち残る会社」をつくる8つの戦略

森山 和道2007/2/5 8:00004

AWSを安全に使うためのセキュリティ手引書を無料公開、NRIセキュア・野村総研・トレンドマイクロが共同作成

自社の情報システム構築の際、実施すべきことが明確となり、安心してAWSが利用可能に
岩佐 義人(Web担 編集部)2015/5/19 14:4216268

VRI、「SmartPhone Contents Report(vol.04)」の予備調査でシェアは「アップル」がトップで33%

2位は「シャープ」の17%、3位は「ソニーモバイルコミュニケーションズ」の11%
岩佐 義人(Web担 編集部)2013/3/4 23:423154

アマゾン日本事業の2014年売上高は約8300億円、ドルベースでは3.6%増の79億1200万ドル

第三者の販売を合わせた流通総額は1兆3000億円となった模様
中川 昌俊(ネットショップ担当者フォーラム)2015/2/2 20:2727321

アマゾンジャパン、日本初の仕分け拠点「ソートセンター」を東京に新設

新設の「ソートセンター」は、商品保管、ピッキング、梱包するフルフィルメントセンターと、顧客への配送を行うデリバリーステーションをつなぐ仕分け拠点。
瀧川 正実(ネットショップ担当者フォーラム)2023/9/20 9:15250

アマゾンとドコモがポイントで連携、「Amazon.co.jp」で「dポイント」もためられる

Amazon.co.jpの買い物でアマゾンの「Amazonポイント」とdポイントを使うことも可能
山川 健(Web担 編集部)4/12 7:00210

ディーエムジー、「アドテック九州」基調講演にアマゾンジャパン代表取締役が登壇と発表

アマゾンジャパン代表取締役ジャスパー・チャン氏は6月6日の基調講演に登壇
岩佐 義人(Web担 編集部)2013/4/19 0:14490

日経リサーチ、有力企業ブランドの10年間の多角的評価でトップはグーグル、2位はアマゾン

277社を分析した「ブランドX-ブランド戦略サーベイ10年分析」、3位は日本マイクロソフト
山川 健(Web担 編集部)2013/7/26 17:281060

アマゾンが「Amazonログイン&ペイメント」でECサイト開発者の公式認定プログラム開始

販売事業者に利便性アピール、営業・技術の支援実施、日本ではプレミアパートナーに3社
山川 健(Web担 編集部)2016/4/7 19:295140

「Movable Type for AWS」が「AWS Marketplace」対応の全リージョンで利用可能に

シックスアパートのCMS、各地で使えるようになってグローバル展開の可能性が拡大
山川 健(Web担 編集部)2015/2/18 17:02394

シックス・アパート、最新版CMS「Movable Type 6」をAWS Marketplaceで販売開始

複雑な設定を行うことなく、Movable TypeがAWSクラウド上で利用可能に
岩佐 義人(Web担 編集部)2013/11/12 4:3618165

アマゾンジャパンが新たな宅配 「Amazon Hub デリバリーパートナープログラム」を開始

消費者が購入した商品を地域の中小企業が報酬を受け取って配達、最長約2Km圏内が対象
山川 健(Web担 編集部)2022/12/21 7:02160

ユーザーローカル、複数ECモールの価格調査ツールを、ECショップ運営者に無料公開

商品価格、送料の有無、ポイント、在庫状況を網羅するため、実践的なチェックが可能に
岩佐 義人(Web担 編集部)2014/11/5 23:2810186

ページ

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サテライトサイト
衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]