「Movable Type for AWS」が「AWS Marketplace」対応の全リージョンで利用可能に

シックスアパートのCMS、各地で使えるようになってグローバル展開の可能性が拡大

CMS(コンテンツ管理システム)・サービスのシックスアパートは、アマゾンのクラウドサービス「アマゾンウェブサービス(AWS)」で動作する自社のCMS「Movable Type for AWS」が、AWSクラウド上で実行するソフトのためのオンラインストア「AWS Marketplace」に対応する全てのリージョン(地域)で利用可能になった、と2月18日発表した。東京リージョンだけの製品として2013年11月に発売したが、世界各地で使えるようになり、グローバル展開の可能性が広がった。

アジアパシフィックの東京に加え、北バージニア(米国東部)、北カリフォルニア(米国西部)、オレゴン(同)、アイルランド(欧州)、シンガポール(アジアパシフィック)、シドニー(同)、サンパウロ(南米)に対応する。Movable Type for AWSはシックスアパートの最新CMS「Movable Type 6」がインストールされ、OS、アプリケーション、ウェブサーバー、データベースなどをMovable Type向けにチューニングして提供。CMS環境が容易に構築できる。1時間0.07ドル、1年499ドル。

シックスアパート
http://www.sixapart.jp/

Movable Type for AWS
http://www.sixapart.jp/movabletype/aws/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]