アマゾンによるホールフーズの買収:食料品業界の未来がデジタルにある理由【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

アマゾンが、全国に展開している高級食料品チェーンのホールフーズを137億ドル(約1兆5300億円)という驚くべき金額で買収することに合意。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 明らかになるには時間が必要かもしれませんが、2017年6月16日、スーパーマーケットビジネスの未来は永遠に変わることとなりました。この日、eコマース業界のパイオニアであるアマゾンが、全国に展開している高級食料品チェーンのホールフーズを137億ドル(約1兆5300億円)という驚くべき金額で買収することに合意したのです。

 米国では食料品ビジネスの年間売上高が7000億ドルから8000億ドルに達するということと照らし合わせると、この数字は意味を持ちます。このディールは、オンラインからオフラインへのオムニチャネル戦略を通じて新たな成長機会を得るためにデジタルテクノロジーを活用することに大きなポテンシャルを見出しているということを意味しています。ホールフーズは、オーガニックな食料品を愛するロイヤルティの高い富裕層の顧客を有しており、アマゾンのプライムサービスとクロスセルするうえで最適な相性であると思われます。モルガン・スタンレーの調査によれば、アマゾンのプライムサービス会員の62%は既にホールフーズの顧客でもあるそうです。

この記事の続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]