イギリスの大手パブチェーンが保有する顧客のメールアドレスデータをすべて破棄した理由とは?【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

約1,000軒のパブを経営するJDウェザースプーン社は、メールアドレスを保有する全ての顧客に対して、メールアドレスデータベースをすべて破棄すると明らかに!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 イギリスとアイルランドで約1,000軒のパブを経営するJDウェザースプーン社は、メールアドレスを保有する全ての顧客に対して、今後一切メールを送らない旨のメールを6月23日に送りました。メールアドレスデータベースをすべて破棄すると明らかにしたのです!

 同社のチーフ・エグゼクティブであるJohn Huston氏は、「多くの企業はプロモーションのためにメールを使っていますが、私はそのような押し付けがましいと思われかねないアプローチは採りません。あなたのメールアドレスを含め、当社のメールアドレスデータベースはセキュアに削除されます。」とメールにて表明しました。

 この劇的なアナウンスが最初にWired誌で報じられると、詳細な理由を求める声が相次ぎました。同社によれば、顧客へのリーチはFacebookとTwitterを通じて継続されるとのことです。

この記事の続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]