パーソナライズにおける『不気味さ』を減らす『同意の取得』が主流に【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

多くの人々が自身の関心に基づいたコンテンツを届けてもらうことを良しとする一方で、『ストーキング』されたいとは誰と思っていないのです。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

NTTコム オンライン GIGYA担当です。いつもお世話になっております。

GIGYA社が発表した『カスタマーアイデンティティをめぐる、2017年に向けての5つの予測』の内容を5回に分けてご紹介しておりますが、今回は3つめの予測についてご紹介します。

 『同意の取得』が主流に - パーミッションベースのマーケティングによりパーソナライズにおける『不気味さ』を減らす

デジタルマーケティング戦略のベースはオプトインですか、それともオプトアウトですか?
お客様からデータを取得し利用するに当たり同意を得ていますか?
そしてお客様はプロフィールデータを簡単に管理できますか?
お客様の個人情報の取り扱いにおいて、国ごとに特有の規制が影響することを認識していますか?
お客様の信頼を得られていますか?

この記事の続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]