グローバル・レジストレーション(第1回)-規制と地域的な違いをクリアできる戦略を立てる【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

数回にわたり、グローバルのカスタマー・アイデンティティ・マネジメントにおける戦略の構築についてのいくつかのテーマを取り上げます。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 テクノロジーは世界をますます小さなものとしている中、企業は、ブランドの統一感を保ちつつ消費者に素晴らしい顧客体験を届けるだけでなく、グローバルのデータプライバシー規制に準拠しなければならないという新たな課題に直面しています。これらのゴールを達成するためには、事業計画を超えた成長とコンプライアンスに関する戦略が求められるのです。データの収集と透明性に関する変化が急務となり、それらがブランドの市場における位置づけへの影響を増していることからも明らかといえるでしょう。

 まず、新たなデータプライバシー規制の要求事項 - 2018年5月に施行されるEUの一般データ保護規則(GDPR)、あるいはロシアや中国における規制など - が、顧客に対する企業の理解を分断しつつあるということを認識する必要があるといえるでしょう。企業がシングル・カスタマー・ビューという概念、そして、シングル・カスタマー・ビューによってもたらされるカスタマイズされた素晴らしい顧客体験について理解し始めたまさにその時に、です。

この記事の続きを読む

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]