証券業界を対象にしたNPS®ベンチマーク調査2017年のNPS No.1はSBI証券

証券会社10社のうち、顧客ロイヤルティを図る指標であるNPS®のベンチマーク調査を実施した結果、NPS®のトップはSBI証券となりました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本 良江、以下NTTコム オンライン) は、証券業界を対象に、顧客ロイヤルティを図る指標であるNPS®の業界ベンチマーク調査を実施しました。この結果、最もNPS®が高いのは、SBI証券となりました。
 業界全体でみると、「合理的な手数料」や「使い勝手の良さ」、「リスク等の説明のわかりやすさ」で満足度が高かったネット証券が、対面証券よりもNPS®が高い結果となりました。また、個人投資家の中にも金融リテラシーにばらつきがあり、リテラシーの高い層ほどNPS®が高い傾向が見られました。証券業界の情報提供を通じた投資家の金融リテラシーの向上が、NPS®の底上げにつながる示唆が得られました。
 「顧客本位の業務運営」(フィデューシャリー・デューティー)についても調査したところ、22.3%が認知していることがわかりました。

調査結果の詳細はこちらからご覧ください:
https://www.nttcoms.com/service/nps/report/sec/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]