アマゾンが「Amazonログイン&ペイメント」でECサイト開発者の公式認定プログラム開始

販売事業者に利便性アピール、営業・技術の支援実施、日本ではプレミアパートナーに3社

アマゾンは、アマゾン以外のECサイトでアマゾンのアカウントを使ってログイン・支払いできるサービス「Amazonログイン&ペイメント」で、ECサイトのソリューションプロバイダーや開発者に対する公式認定制度「グローバルパートナープログラム」を始めた、と4月6日発表した。Amazonログイン&ペイメントの信頼性や利便性を販売事業者にアピールすることが目的で、アマゾンが営業・技術・マーケティング面での支援を無料で実施する。日本、米国、ドイツ、英国で行う。

Amazonログイン&ペイメントの導入実績などを基にソリューションプロバイダーや開発者を公式パートナーに認定する。「プレミアパートナー」「サーティファイドパートナー」「サーティファイドデベロッパー」がある。日本ではプレミアパートナーに、ネットショップ構築・運用サービスのフューチャーショップ、ECサイト構築パッケージとソリューションのecbeing、通信販売運用・マーケティング支援のビービーエフの3社を認定した。サーティファイドパートナーは8社となる。

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/

http://payments.amazon.co.jp/home
Amazonログイン&ペイメント

グローバルパートナープログラム
https://payments.amazon.co.jp/merchant/global-partner-program

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICANN
1998年に設立されたインターネットのIPアドレスやドメイン名などのリソースを管 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]