Web担編集部がゼロから学ぶ、Tableau「BI講座」。半年で資格合格を目指す!

分析の基本「ディメンションとメジャー」を学び、いよいよTableauをインストール #3

BIそしてTableauの本質は、ディメンションとメジャーを用いたデータの可視化。「●●別の◆◆数」という思考方法を、まずはしっかり理解する。【第3回】

BIツール、そして分析の基本は、「●●別の◆◆数(▲▲率)」という考え方です。この形で表現することで、はじめて、データが意味を持ちます。Tableauでは、「●●別」のことを「ディメンション」、「◆◆数(◆◆率)」のことを「メジャー」と呼びます。まずこの考え方を理解しましょう。

ここまで、#1で、そもそもBIツールとはどういうものなのか#2で、Tableauの価格体系はどうなっているかを解説しました。#3の今回は、Tableauの背景にもなっている「●●別の◆◆数(▲▲率)」を解説します。そのうえで、実際にTableauをPCにインストールします。

本連載は、Tableauスペシャリストのプリンシプル木田さんが講師を務め半年間の特別講座で、BI知識ゼロのWeb担編集部がTableauの資格取得を目指す記事です。

分析の基本は「●●別の◆◆数」(ディメンションとメジャー)

木田: 「●●別の◆◆数(▲▲率)」という形が分析の基本です。たとえば、次のようなものが「●●別の◆◆数」で表現されています。

「●●別の◆◆数」の例
  • 国別の平均寿命
  • 都道府県別の平均賃金
  • 男女別の平均寿命
  • 科目別の点数
  • 営業部署別の売り上げ
  • 日別の来店者数
  • 車種別の燃費

木田: みなさんも1つ考えてみてください。

四谷: 記事別のPV数、とか。

二村: 犬種別の販売数、とか。

木田: みなさんユニークでいいですね(笑)。これをもうちょっと専門的に寄せていくと、分析用語では「●●別」「◆◆数」はそれぞれ次のように呼ばれます。

  • 「●●別」は「ディメンション
  • 「◆◆数」は「メジャー(指標)

「平均寿命は80歳」と表示されていても、何のデータなのか全くわかりませんよね。平均寿命に、国別、男女別といった考えを組み合わせることで、初めてデータが意味を持ちます。

つまり、メジャー(指標)だけでは何も判断ができません。メジャーに、ディメンションを組み合わせたときに初めて意味がもたらされる。「●●別の◆◆数」でデータを見たときに、初めて判断やアクションにつながるんです。

説明に熱が入る木田さん

木田: この考え方を、Web領域にあてはめると、Googleアナリティクスのレポートも「ディメンションとメジャー(指標)」で構成されていることがわかります。「国/地域別のセッション数」のレポートなんかは、そのままズバリですよね。Googleアナリティクスにも“分析やデータビジュアライズの基本形”が組み込まれていることがわかるでしょう。とにかく、「●●別の◆◆数」でデータを見る癖を付けると、頭がスッキリすると思います。

「Googleアナリティクスの国/地域別のセッション数」ディメンション×メジャーの例

ハンズオン! Tableau Desktopをインストールする

木田: では、いよいよTableauを使っていきましょう。まずは、「Tableau Desktop」をインストールします。すでにPCに入っている方は、次回の解説しますサンプルデータを読み込んで「カテゴリ別の売り上げ」を出す操作からスタートしてください。これから先は、まだインストールしていない人のために、無料トライアル版のインストール方法を紹介します。

Tableauの公式サイトへ行き、右上の赤枠「今すぐ試す」をクリックしましょう。

Tableauの公式サイト(サイトで見る)

次に、ビジネス用のメールアドレスを入力して、無料ダウンロードをクリックしましょう。

ビジネスメールを入力して、無料ダウンロードを開始する(サイトで見る)

ポップアップウィンドウが表示されたら「TableauDesktop-64bit-2019-1-3.exe」の保存場所を選択します。

今回はデスクトップにファイルを保存

デスクトップに保存した「TableauDesktop-64bit-2019-1-3.exe」をダブルクリックをすると、「Tableauへようこそ」と表示されるので、インストールしましょう。

チェックを入れて、インストールする

インストールの過程で、個人情報の入力を求められるので、必要事項を記入します(インストール時間は、15分程度かかりました)。

インストールの過程で求められる個人情報

インストールが完了すると、次の画面が表示されます。この画面が表示されれば、PCにTableau Desktop(14日間無料のトライアル版)のダウンロードが完了したことになります。

 
◇◇◇

次回は、インストールしたTableauのサンプルデータを使って、「カテゴリ別の売り上げ」などのグラフを作っていきましょう。その過程で必要となる「Viz(ビズ)」や「シェルフ」の用語についても解説します。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

CPA
顧客獲得単価を意味する略語。新規顧客を獲得するのに、1人あたりいくらかかったかを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]