はじめてWEBインターネット関連ニュース はじめてWEBニュース

スマホのプッシュ通知でクーポンが来ても3割強がスルーしているという調査結果

「メルマガ」は未読のまま6割が溜め込み、「プッシュ通知」で行動するのは4割
よろしければこちらもご覧ください

アプリによるプッシュ通知やメールマガジンといった「スマートフォンの通知」に関する調査結果を、エンプライズが6月25日に発表した。

ショップや施設から送られてくるキャンペーン情報やクーポンの受け取り方法は、「アプリ(プッシュ通知)」または「メルマガ」の2つに大別される。そこで、まず「どちらを使うシーンが多いか」を聞いたところ、「メルマガ」80.6%が圧倒的多数を占めた。

アプリを使っていると答えた97人に「プッシュ通知を見る頻度」を聞くと、次のとおりで、「プッシュ通知は確認する」という人(「都度見る」「時々見る」「毎回ではないがよく見る」の合計)は68.1%だった。

  • 1位「時々見る」33.0%
  • 2位「毎回ではないがよく見る」22.7%
  • 3位「あまり見ない」21.6%
  • 4位「都度見る」12.4%

プッシュ通知を見る頻度(n=97)

一方「プッシュ通知がきっかけで、入店や購入など実際に行動にうつしたことがある」という人は、40.2%に留まっている。「具体的な使い方」は次のとおり。

  • 1位「セール情報」75.6%
  • 2位「予約・空席状況の確認」41.5%
  • 3位「イベント情報」34.1%

プッシュ通知でよく使う使い方(n=97)

一方、メルマガについて、「未読の状態で溜め込んだ経験の有無」を尋ねると、全体の57.8%が「溜め込んだ経験がある」と回答。

溜め込んだ経験がある289人に、その量について聞くと、1位は「1通~10通」37.7%だが、2位以下は「100通以上」28.0%、「11通~25通」19.7%と、かなりの溜め込み量だった。

未読でメルマガを溜め込んだ量(n=289)

「メルマガ、プッシュ通知が届いたときの率直な気持ち」を聞くと、メルマガでは次のとおり。

  • 1位「なんとも思わない」49.8%
  • 2位「うざったい」18.8%
  • 3位「もういらない」14.6%

通知が届いたときの率直な気持ち(メルマガ)

プッシュ通知では次のとおり。

  • 1位「なんとも思わない」39.2%
  • 2位「得した」21.6%
  • 3位「うざったい」12.4%

通知が届いたときの率直な気持ち(プッシュ通知)

調査概要
  • 集計期間:6月9日~6月25日
  • 調査方法:インターネット集計
  • 調査対象:20代~30代の男女
  • 調査人数:関東在住の500名
参考リンク

Web担先生と初心者君のやさしいニュース解説

初心者君

プッシュ通知はユーザーさんみんな見てるって印象でしたけど、そうでもないんですね。

Web担先生

うむ。「まったく見ない」と「あまり見ない」で3割強だからね。

初心者君

確かにアイテム目当てにインストールしたアプリが出してくる通知は見ずに消してますね。

Web担先生

プッシュ通知でもメルマガでも、「興味・関心があるか」と「タイミング」によって、見てもらえるかどうかが大きく変わるよね。

初心者君

ぼくの挙げたアプリの例だと、「興味・関心がない」アプリから通知が来ても見ないパターンですね。

Web担先生

忙しいときや何かしているときなど、悪いタイミングで来た通知も、見ないよね。

初心者君

ですよねー。

Web担先生

もともと広告はユーザーにとって邪魔なものであることが多くて、嫌がられていたよね。

初心者君

テレビCMだと「トイレタイム」とか言われてましたよね。

Web担先生

それは、アプリのプッシュ通知でもメルマガでも同じだ。ユーザーの生活に割り込んで邪魔をするのではなく、「適切なターゲットに」「適切なタイミングで」「適切な内容のメッセージを」伝えるように意識していくのが大切だよ。

初心者君

はーい。

「はじめてWEB」掲載のオリジナル版はこちら:
スマホのプッシュ通知でクーポンが来ても3割強がスルーしているという調査結果(2015/06/26)

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

リンケラティ
リンクを張ってくれるひとたちを指す造語。 SEOにおいてリンクは重要な要素 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]