はじめてWEBインターネット関連ニュース はじめてWEBニュース

アクセス解析ツール「Pt engine」が、A/Bテストツール「Optimizely」とシステム連携

サイト改善施策に紐付いたヒートマップ分析が可能に
よろしければこちらもご覧ください

アクセス解析ツール「Pt engine(ピーティーエンジン)」が、A/Bテストツール「Optimizely(オプティマイズリー)」とシステム連携し、PtmindがOptimizelyのテクノロジー・パートナーになったことを、Ptmindが12月17日に発表した。

「Pt engine」は、Webサイトからネイティブアプリまで解析が可能なマルチデバイス・アクセス解析ツール。ユーザーのサイト内行動を、サーモグラフィのように見える化する「ヒートマップ」機能を搭載しており、現在9,000サイト以上にて利用されている。

一方「Optimizely」は、実際のサイト上でユーザーの反応を見ながらサイト改善を繰り返す「A/Bテスト」ツールとして、世界7,000社以上で利用されている。

Pt engineとOptimizelyの連携により、サイト改善のPDCAを加速できる

今回のシステム連携により、Optimizelyで行われるA/Bテストに対し、それぞれのサイト改善施策に紐付いたヒートマップの分析ができるようになった。

これにより、Pt engineのヒートマップをもとに課題抽出・仮説構築を行い、その内容に基づいてOptimizelyでABテストを行い、結果をまたテストのパターンごとにヒートマップで評価できるようになった。

サイト上部のコピーをABテストした場合の例

「Pt engine」は、無料利用が可能な「Free」のほか、計測可能イベント数などが増える「エコノミー」「ビジネス」「ファースト」、無制限の「プレミアム」が用意されている。6か月、12か月の長期契約(一括払い)により、割引が適用される。

「Optimizely」は、無料利用が可能なプランと、各社のビジネスに最適化するカスタムプランが用意されている。

参考リンク

Web担先生と初心者君のやさしいニュース解説

初心者君

A/Bテストって、やったことないんですよね。

Web担先生

そういう人は多いんだけれども、ぜひ試してほしいね。それぐらい価値があるのだから。

初心者君

そうなんですか?

Web担先生

ユーザーは、サイト運営側が思っているよりも、短気で、注意力がなく、企業のことを知ろうとは思っていないんだ。

初心者君

たとえば?

Web担先生

「ここに資料請求ボタンを置いておけばいいだろう」とWeb担当者が思っていても、ユーザーはまったく気づかなくてスルーしてしまったりね。

初心者君

へー。

Web担先生

だから、可能な限り、A/Bテストをやってみるといいと思うよ。

初心者君

ぼくも、やってみたくなってきました。

Web担先生

ただ、オプティマイズリーは、かなり日本語化されているけれども、まだ英語の部分が残っていたりするのが難点なんだよね。

初心者君

それはちょっと……。

Web担先生

そういう人は、日本製のA/Bテストサービスもあるから、調べてみるといいよ。

「はじめてWEB」掲載のオリジナル版はこちら:
アクセス解析ツール「Pt engine」が、A/Bテストツール「Optimizely」とシステム連携(2014/12/19)

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]