Ptmind、アクセス解析ツール「Pt engine」でネイティブアプリのヒートマップ計測に成功

ユーザーがアプリをどのように利用しているか「見える化」、使いやすさの改善に活用可能
よろしければこちらもご覧ください

ウェブデータ分析システム開発・販売のPtmindは、同社のアクセス解析ツール「Pt engine」で、ネイティブアプリのヒートマップ計測の技術開発に成功した、と8月18日発表した。アプリ版ヒートマップのクローズドβ版の提供を始めた。アプリ提供会社は、ヒートマップによってユーザーがアプリをどのように利用しているか「見える化」でき、他のアプリとの差別化や継続性にとって重要な見やすさや使いやすさの改善に活用できるようになる。

Pt engineは、ウェブページにアクセスしたユーザーのクリック(タッチ)や閲覧といった行動をサーモグラフィーで表示するヒートマップ機能を提供し、日本で4500以上のサイトが利用している。ネイティブアプリでのヒートマップ計測の要望を受けて実現させた。従来の同様製品は、アプリ画面が固定されている場合のみだが、Pt engineのアプリヒートマップは、スクロールが伴うニュースアプリなど動的なアプリにも、世界で初めて対応した。

Ptmind
http://www.ptmind.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]