日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

電子書籍端末BookLive!Reader Lideo発表 9.5万冊購入可能 WiMAX通信料不要でPC不要、koboなどに対抗

電子書店が展開する専用端末は、楽天グループの「Kobo」、アマゾンの「キンドル」に続き国内では3例目。
よろしければこちらもご覧ください

凸版印刷グループの電子書籍事業会社、BookLive(本社東京都、淡野正社長)はNECや三省堂書店と共同で、自社専用の電子書籍端末を12月10日から販売する。同社の電子書店で販売している10万冊のうち、楽譜や写真を除く9万5000冊が購入できる。電子書店が展開する専用端末は、楽天グループの「Kobo」、アマゾンの「キンドル」に続き国内では3例目。海外製の端末に利便性などで対抗し、年末商戦に向けて拡販していく。

端末は「BookLive!Reader Lideo(リディオ)」。6インチの画面で通信機能を搭載した。価格は8480円で、提携先の三省堂書店の店頭で販売するほか、BookLiveのサイトでネット通販展開する。

端末はNECが製造した。小説は約3000冊が収録でき、約1カ月充電なしで使用できる。重量は業界最軽量という170グラム。

UQコミュニケーションズ(本社東京都)のWiMAXによる通信機能を搭載した。通信料はBookLiveが負担するため、顧客は無料でサイトに接続して、電子書籍の購入ができる。

11月8日から予約受付を開始し、12月から製品を出荷していく。

電子書籍端末はアマゾンが「キンドル」を11月中旬から出荷するほか、楽天「Kobo」も軽量型の新機種の販売を11月中旬から順次開始する。販売価格は現時点でKoboのスタンダードタイプが6980円と最も安く、キンドルの廉価版と凸版グループのリディオが同等となっている。いずれも年末商戦に合わせて販売を開始しており、中高年層のユーザー獲得に乗り出す。

・BookLive!Reader Lideo
http://booklive.jp/feature/index/id/bl121top

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]