日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

BookLive 電子書籍専用端末を開発。Koboやキンドル日本版と対抗 電子書籍データから端末まで一貫体制へ

現在、試作機の段階にあり、端末の仕様や販売方法、価格については今後詰める。

凸版印刷グループの電子書籍ストア事業者、BookLive(本社東京都、淡野正社長)は電子書籍専用端末を開発し、今秋に販売を開始する。専用端末は、楽天がカナダ製の「Kobo」の販売を開始したばかり。BookLiveは国内製品で差別化を図る。専用端末はアマゾンも「キンドル」日本版を準備しており、ストア事業者による競合が本格化しそうだ。

現在、試作機の段階にあり、端末の仕様や販売方法、価格については今後詰める。楽天は自社の端末を7980円で販売すると発表しており、これを意識した価格設定になりそうだ。

自社ストアで取り使う8万冊の大半が端末で購入できる。

凸版グループは、電子書籍データの制作、取次、ECストア事業、端末提供を一貫して手掛けることになる。日本国内でこれらのサービスを単独提供するのは初めて。

・電子書籍ストア BookLive!
http://booklive.jp/

・BookLiveのプレスリリース
http://booklive.co.jp/release/2012/07/041056.html

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]