新版 SEM:リスティング広告 新・100の法則

Cookieの有効期間を組み合わせて広告のタイミングを計る ―― リマーケティングによるリピーター促進効果

期間を変えたリストを作成し、引き算で時間差を作れば狙ったタイミングで広告を表示できるようになる
よろしければこちらもご覧ください
新版 SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。
新版 SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。
この記事は、書籍 『新版 SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。』 の第7章「リターゲティング広告で見込み顧客を取り込む法則」を、Web担の読者向けに特別に公開しているものです(本書について)。

リマーケティングによるリピーター促進効果

多くのサイトにとって、新規顧客を増やすだけでなく、リピーターに継続的に利用してもらうことも大切である。リマーケティングは新規獲得のための手段だと思われがちだが、実はリピーターを獲得する目的に活用することも可能だ。

特に一定期間を置いて繰り返し購入する、例えば「米」「浄水フィルター」「インクトナー」「洗濯洗剤」「ウイルス対策ソフト」のような商材を扱っている場合、有効な手法がある。

CRM(顧客管理)に力を入れている企業なら、サイトで扱う商材を一度購入したユーザーが、次にまた同じ製品・サービスを購入する期間がどのくらいなのかを把握して、適切なタイミングにDMやメールマガジンなどの情報を発信していることだろう。それとほぼ同じことを、リマーケティングを活用して行うことができる。つまり、次に製品・サービスを購入するタイミングを見計らって、広告を表示させるのだ。

リマーケティングのCookieは、最大540日(約1年半)まで、リストごとに設定が可能である。期間だけを変えた同じ内容のリストを作成し、引き算で時間差を作れば狙ったタイミングで広告を表示できるようになる。「コンバージョンして○日過ぎたユーザーに何を見せればいいか」はおのずと分かるはずだ。定期購入やまとめ買いを促すことも可能だろう。

リストを作成する際、179ページの手順6の画面で[新しいユーザー層]→[カスタムの組み合わせ]をクリックすると、いくつかのリストを足し算したり引き算したりしてより複雑な条件のリストを作成できる。
リストを作成する際、179ページの手順6の画面で[新しいユーザー層]→[カスタムの組み合わせ]をクリックすると、いくつかのリストを足し算したり引き算したりしてより複雑な条件のリストを作成できる。

30日経過してから広告を表示する例

期間だけを変えた同じ内容のリストで引き算することで「○○日経過してから広告を表示する」ということが可能になる。
期間だけを変えた同じ内容のリストで引き算することで「○○日経過してから広告を表示する」ということが可能になる。

期間により配信の強弱や見せる内容を工夫する

ユーザーが商品・サービスを購入に至るまでの検討期間は、サイトによってまちまちだ。検討期間に応じて、配信の強弱や見せる内容の工夫をするのも手だろう。例えば、7日以内にコンバージョンに至る傾向が強い商品の場合には、以下のようなリストの組み合わせが考えられる。

設定Aは「訪問後7日以内の未コンバージョンユーザー」で、アクションを起こしてもらえる可能性が設定Bよりも高いという仮説が立つ。このユーザーに対してクリック単価(CPC)を高めに入札して配信を強めたり、「今購入で10%割引!」など、特別なオファーを用意したりするのも有効だろう。

それに対して設定Bは「訪問後7日以降の未コンバージョンユーザー」で、設定Aよりはクリック単価を低めに設定したり、新製品など別の切り口から興味を引くのもいいだろう。

このように、Cookie有効期間を組み合わせることにより、再訪問させたいユーザーのタイミングまで細かく調整することが可能になる。仮説を立てて、ぜひ使っていこう。

時間経過によって広告を変える例

設定Aと設定Bで、サイトを訪れてからまだコンバージョンしていない「7日以内」のユーザーと「7日以降」のユーザーに対しての広告を使い分けられる。
設定Aと設定Bで、サイトを訪れてからまだコンバージョンしていない「7日以内」のユーザーと「7日以降」のユーザーに対しての広告を使い分けられる。
新版 SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。
  • 新版 SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。
  • 寳 洋平、岡本 典子、齊藤 康祐 著
  • ISBNコード
    978-4844332695
  • インプレス
    書籍詳細情報

この記事は、書籍 『新版 SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。』 の内容の一部を、Web担向けに特別にオンラインで公開しているものです。

顧客の行動を理解して最大の利益をつかむ。
GoogleとYahoo! JAPANを攻略する最新ノウハウ。

2008年に発行したロングセラーが4年半ぶりにリニューアル。

成長が著しいディスプレイネットワーク広告、リマーケティング、スマートフォン向け広告など、最新のトピックも広く網羅。 もちろん、キーワードの選び方や広告テキストの作り方、LPO、予算の管理など、リスティング広告の基本もしっかり解説しています。

一冊を通して読めば、現場の担当者に必要な、実践的な「考え方」と「知識」を身につけられます。

リスティング広告に携わる担当者はもちろん、オンライン広告の新しいトピックをカバーしたい方にもおすすめです。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CPC
クリック単価。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたび ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]