Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

どうやれば、グーグルのローカルビジネスセンターに複数の言語で登録できるんだろう?

ローカルビジネスセンターの登録ルールには、複数の言語で事業を展開しているときに生じる問題があるようだ。
よろしければこちらもご覧ください
Distilled
SEOmozは英国Distilled社と提携し、検索エンジン市場のニュースと情報を提供している。この記事はDistilled.co.ukに勤務する協力者から提供されたもので、内容はすべて筆者自身の見解であり、SEOmozの見解を反映しているとは限らない。

僕はこの1週間ずっと、「投稿記事を書くよ書くよ」とランドに言い続けてきた。その後でまた一緒に飲もうとも。そのつもりだったけど、ランドがロンドンまで飛行機でやってくることになって、これは考えをまとめて何かを書き上げるいい機会だと思ったんだ。

ちょうどレベッカが「GetListed.org」のことについて書いた記事(英語記事のみ)を受けて、Distilledに所属する僕らがGoogle Mapsのローカルビジネスセンターに関して経験してきた問題を取り上げるべき時期に思えた。そして、ロンドンのSESカンファレンスで行われたユニバーサル検索のセッションが終わってから、ランドと僕はこれについて話したんだ。このセッションのことは、ランドが別の記事で書いているよ。

さて、その問題というのは、簡単に言うと、複数の言語で事業を展開しているときに生じるものだ。たとえば、仮に僕があるホテルチェーンを経営していて(名称は「Will's Hotel Chain」とする)、以下のような複数サイトを持っているとしよう。

  • 英語のWebサイト:willshotel.co.uk
  • フランス語のWebサイト:willshotel.fr
  • スペイン語のWebサイト:willshotel.es

※ここで述べるのはすべて、ドメイン名戦略とは無関係に起きる問題だ。仮に各サイトが「willshotel.com/uk」「willshotel.com/fr」「willshotel.com/es」だったとしても、同様の問題は起きる。

さてここで、巧みな不動産取引を何件か成立させ、ロンドン、パリ、マドリッドで実際にホテルを所有したとしよう。そして、次のようなページを用意する。

英語のページ:
  • willshotel.co.uk/london
  • willshotel.co.uk/paris
  • willshotel.co.uk/madrid
フランス語のページ:
  • willshotel.fr/londres
  • willshotel.fr/paris
  • willshotel.fr/madrid
スペイン語のページ:
  • willshotel.es/londres
  • willshotel.es/paris
  • willshotel.es/madrid

さて、これら3都市には実際に物件があるので、Google Maps上の3か所にそれぞれURLを登録することには何の問題もない。そして、僕にとって最も合理的に思えるのは、以下のようなURLを登録することだろう。

  • willshotel.co.uk/london
  • willshotel.fr/paris
  • willshotel.es/madrid

こうしておけば、それぞれの地域で誰かがWill's Hotel Chainを検索すると、その地域にある僕のホテルのリスティングが表示される。また、それぞれ現地の言語で表示されることも理にかなっている。

問題は、マドリッドのホテルに滞在したいと考えた英国人が、スペインのホテルに関して英語で書かれたページを英国から検索して探すこともあるという点だ。だから僕は、それぞれの所在地について、できるなら複数のURLを登録したい。1つの場所につき3通りの言語バージョンを用意するわけだ。

ところが、Google Mapsではリスティングに言語ごとのURLを登録する技術的な手段は存在しない。そのため、同じ結果を得る方法としては、上述した9つのページすべてをそれぞれ登録するしかない。これは、1つのページアドレスにつき1つの言語ということになるけど、ローカルビジネスセンターのガイドラインでは今のところ、次のように説明している。

実在する数を超えて事業所を表示することを意図した行為、または、そのような結果をもたらす行為をしてはならない。
※Web担編注:このガイドラインの日本語版では、上記の文章は「自社のお店やサービスの情報が表示される頻度を高めるために、故意に情報を操作しない」と訳されているが、この日本語訳を元に解説を進めると記事の流れに合わなくなるため、ここでは英語版を忠実に翻訳した訳文を示している。

そう、これはまさに、実在する数を超えて事業所を表示する結果をもたらすので、現行のガイドラインに違反してしまうのだ。

しかし、目的は完全に正当なものに思えるから、これを実現する方法があればすばらしいことだ。読者の誰かに、どうすべきかについて良い考えがあれば、ぜひ聞かせてほしい。

◇◇◇

あと、ローカル検索でバカげた検索結果をしょっちゅう目にすることから察するに、ローカル検索には現時点では少しばかり混乱があるようだ。

たとえば、グーグルで「odeon greenwich」(オデオンは英国の映画館チェーンで、グリニッジはロンドンの一地区)を検索した結果を見てよ。

Odeon Greenwich
何をどうしたらこんな結果になるのか、ぜひ知りたいね!
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリック課金
クリックされるたびに広告費が発生するタイプの広告。インターネット広告における広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]