Web 2.0がクチコミを連れてきた!

クチコミ国内事例(2):ピンキーモンキーと友達になりたいユーザーが大集合4日で友達登録が1000人にSNS(ページ)名:mixiの公認アカウント「ピンキーモンキー」運営者:株式会社フレンテ・インターナショナル

ページ

クチコミ国内事例(2):
ピンキーモンキーと友達になりたいユーザーが大集合
4日で友達登録が1000人に
SNS(ページ)名:mixiの公認アカウント「ピンキーモンキー」
運営者:株式会社フレンテ・インターナショナル

株式会社フレンテ・インターナショナルのタブレット菓子、「ピンキー」のイメージキャラクターとして長年親しまれているのが、お猿の「ピンキーモンキー」だ。その愛らしい意匠から20代女性層を中心に人気のキャラクターを、mixi内に仮想的な1ユーザーとして出現させるという斬新な試みが2006年4月から7月にかけて行われた。

mixiには企業の商業利用を前提とした「公認コミュニティ」がある。しかし同社では、「商品の全面刷新に合わせ、広告的に押しつけがましくならないよう、楽しみながらPRしたい」(同社広報部)という考えから、コミュニティを組織してプロモーションを図るのではなく、お猿のピンキーモンキーが1ユーザーとしてアカウントを取得、マイページに日記をつづるという手法を選択した(図5)。

図5 コミュニティではなく、ピンキーモンキーという1人(1匹?)のユーザーとしてmixiに参加した点がこの企画のポイント。日記の写真も凝っていて、読むのが楽しくなる内容だ。

応募率が70%を記録

mixi上にピンキーモンキーのアカウントが登場したのは、2006年4月7日。友達として登録した参加者をmixiでは「マイミク」と呼ぶが、mixiのオンラインマガジン『mikly』を中心にアカウント開設の告知を行ったところ、たちまちマイミク申請が相次ぎ、4日後には早くもmixiが定める登録上限の1000人に達した。

当初はプレミア感を煽る意味合いから、マイミク限定で公開していた日記も、1000人到達をもって全公開に変更。その後は日々、写真を交えてコミカルかつキュートにつづられたピンキーモンキーの日常を、多くのユーザーが閲覧、コメントを書き込んだ。

2006年7月31日のプロモーション終了までの期間中、同社は幾度かプレゼント企画を用意している。最初のプレゼントはマイミク1000人の達成時点で行われた、発売前の『ピンキー』新商品をマイミク全員にプレゼントするというもの。マイミクとして登録したユーザーは、専用ページから発送先住所などを送信しなければならないが、1000人のうち、実に約700人もの応募を得た。コンバージョン率にして70%という驚異的な数字を実現したことになる。また、やはり『ピンキー』新商品を、mixiにちなんで3941名にプレゼントする企画の際も、約1万6500人もの応募があった。

また、キャンペーン終了時にポストカードのプレゼントを行った際には、カードの図案選定に閲覧者の声を吸い上げるなど、フレキシブルな対応が参加者(=顧客)との間に理想的な距離間を構築したと言える。ときにはコメント常連ユーザーのページに、ピンキーモンキーのアカウントで足あとを残す“サービス”も実施。それがまた、ファンにとって得がたい特典となるわけだ。

結果、このプロモーション期間中にピンキーモンキーのマイページを訪れたユーザーは、平均して毎日1000人前後。プロモーション期間全体では、のべ約12万の足あとが残された。

また、今回の試みにおいて、「効果のバロメーターの1つは、日記へのコメント」(同社広報部)との声もあるように、コメントの数ものべ4000以上に上ったという。ピンキーモンキーの存在を知ったユーザーが自身の日記にそのことを記述するケースも多く、さらにそれを閲覧するユーザー数となると、もはや追いきれないほど膨大な数に上るはずだ。SNSを舞台とした「ユーザー同士」という顧客へのアプローチは、工夫次第でさまざまな効果を生み出せるのではないだろうか。

※この事例記事は 『SNSマーケティング入門』 に収録された原稿を要約/再構成したものです。

『SNSマーケティング入門 上客を育てる23の方法』
仲間内のクチコミだから強力に働く
SNSがビジネスに効く仕組み

コアな優良顧客を軸にクチコミを展開していくのがSNSマーケティング。基本は商品やブランドを介して顧客に楽しんでもらうこと。顧客目線に立って、よりよい経験を提供し共有するからこそ、企業と顧客の間に信頼関係が築ける。信頼してくれた顧客はその商品やブランドのファンとなり、リピーターとなり、友人たちに推薦してくれる。この信頼とクチコミの連鎖をSNSマーケティングは可能にする。

2006年9月26日発売
山崎秀夫(野村総合研究所)、村井亮(Beat Communication) 著
ISBN4-8443-2300-8
四六判/192ページ
定価1,554円(税込)
発行:株式会社インプレスR&D

SNSマーケティングに取り組む23の企業事例を5タイプに分類して紹介。ブログを超えたクチコミ進化形、SNSのビジネス利用がわかりやすく身に付く一冊。


※この記事は、『Web担当者 現場のノウハウ vol.2』 掲載の記事です。

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]