Google Analytics入門

Google Analytics入門 第17回 お客さんはいったいどこで「飽きて」しまっているのか?

Google Analytics入門

第17回 お客さんはいったいどこで「飽きて」しまっているのか?

かわち れい子

ケーススタディで学ぶGoogle Analytics活用
<Webサイト制作編>

書籍『Google Analytics入門』の厳選コンテンツをオンラインで公開する「Google Anaytics入門[ウェブ版]」、ここでは、Webサイトの作りがユーザーにとって使いやすいものになっているかを調べる事例を解説します。他サイトと比較することで、より具体的な対策をとることが可能になります。ユーザーのニーズに合わせて集客のできるサイト作りをしていきましょう。

ユーザー動線の改善については、入り口となっているページの把握が重要であると同時に、出口となっているページをつかむことも重要です。出口をつかむことで、ユーザーがあなたのWebサイトにとどまるようにしてみましょう。


上位の離脱ページ
上位の離脱ページ

「上位の離脱ページ」は、デフォルトでは離脱数の降順でソートされています。離脱率でソートすると、絶対数だけではない側面が現れることがあるので、離脱率でソートしてみましょう。

結果はこう読め!

離脱率

ページの訪問数を、そこからほかのサイトへ出て行った数で割ったもの。「出口」となってしまっているページがわかる。

動線

ここでは、Webサイトの中でのユーザーの動き(ページの遷移)を意味する。

あなたのWebサイトを訪問したユーザーが、あるページを訪問した途端にサイトから出て行ってしまうという、運営する側から見るとブラックホールのようなページがあります。ユーザーが満足してWebサイトから出て行ってくれていればよいのですが、そうとは限らないということは想像できると思います。重くてなかなか開かないページにいらついて、「もういいや」とウィンドウを閉じた、という経験はありませんか。あなたのWebサイトにも、もしかしたらそんなページがあり、ユーザーは満足せずに出て行っているのかもしれません。

離脱率トップ10に、Webサイトのトップページやコンテンツのトップページといったページがランクインしているケースがあります。ここにランクインしたインデックスページからユーザーがどこに移動しているのか、動線もあわせてチェックしましょう。インデックスページは、そこにあるコンテンツが一覧できる便利なページですが、ユーザーがその一覧に「自分の望む情報がない」と判断してしまうと、ユーザーはさっさと次の行動に移ってしまいます。

インデックスページからの離脱があまりにも多い場合には、そこに並ぶ情報を一度整理してみましょう。1つのコンテンツを何ページかに分割している場合は、どのページでユーザーが離脱してしまっているかについてチェックします。あなたのWebサイトで、ユーザーに提示している「次のページへ」というような誘導リンクが機能していない、ということも考えられます。そのような場合には、デザイナーと相談して、ユーザーを確実に次のページに誘導するようなデザインに変更してしまうというのも1つの方法です。

最近のテレビ番組は、CMに入った途端にチャンネルを変えてしまう視聴者の対策として、CMの前後でつながる話題を提供するようになっています。あなたのWebサイトでも「もっと見たくなる」ページ作りを工夫してみましょう。

POINT!

絶対数で比較するのではなく、割合で比較することによって見えてくることがあります。レポートを使いこなして、ユーザーの気持ちをつかみましょう。

※この記事は、以下で紹介している『Google Analytics入門』の第5章の内容をウェブ用に再構成したものです。

書籍Google Analytics入門のご紹介

Google Analytics入門
簡単・無料ソフトで始めるWebマーケティング

  • 著者:かわちれい子
  • ISBN:4-8443-2276-1
  • 価格:1,554円(税込)
  • 発行:インプレスR&D

初めてでもプロ並みのアクセス解析ができる
Google Analyticsの解説書が登場!

高度な分析が無料で簡単にできるアクセス解析ソフト「Google Analytics」の解説書です。Google Analyticsを使いこなすことができれば、無駄なSEOやキーワード広告にお金を使わず、初めてでもプロ並みの分析が可能です。企業サイトを任せられているウェブ担当者には必読の一冊です!

本書で、以下のようなことがわかります。

  • アクセスが集中するのは何曜日の何時頃?
  • 訪問者は一見さんか、リピーターか?
  • お客さんはどのページで飽きたのか?
  • どんなページが人気なのか?
  • どんな検索キーワードであなたのページにたどり着いたのか?
  • ユーザーはどんな環境であなたのウェブサイトを見ているのか?
  • お客さんはウェブサイトのなかでどんな行動をしているのか?

この他にも盛り沢山の内容で、ウェブ担当者必携の1冊です。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet0はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイドバー
Webサイトのページ上で、コンテンツエリアとは区別して作られたエリアのこと。ナビ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]