Google Analytics入門

Google Analytics入門 第16回 ユーザーをつかみきれていないページはどれか?

Google Analytics入門

第16回 ユーザーをつかみきれていないページはどれか?

かわち れい子

ケーススタディで学ぶGoogle Analytics活用
<Webサイト制作編>

書籍『Google Analytics入門』の厳選コンテンツをオンラインで公開する「Google Anaytics入門[ウェブ版]」、ここでは、Webサイトの作りがユーザーにとって使いやすいものになっているかを調べる事例を解説します。他サイトと比較することで、より具体的な対策をとることが可能になります。ユーザーのニーズに合わせて集客のできるサイト作りをしていきましょう。

あなたのWebサイトのどのページがユーザーをつかみきれていないのでしょう。そのページを改善することでページビュー数が増え、ユーザーのロイヤリティが上がれば、日々の忙しさも報われそうです。


閲覧開始ページの直帰率
閲覧開始ページの直帰率

このレポートは、デフォルトでは「閲覧開始数」でソートされています。使いやすいように、「直帰率」を降順にソートしてからレポートを見ていくことにしましょう。

結果はこう読め!

直帰率

直帰数を閲覧開始数で割ったもの。Webサイトを訪れた人が最初のページを見ただけで、ほかのサイトへ出て行った率がわかる。

動線

ここでは、Webサイトの中でのユーザーの動き(ページの遷移)を意味する。

あなたのWebサイトを1ページ閲覧しただけでほかへ出て行ってしまうユーザーがいることは、しかたのないことです。どのページがその原因となっているのかを、レポートを見ることで探し出し、対策を考えましょう。

直帰率が100%のページはいくつ並びましたか。あまりの多さに背筋が寒くなったのではないでしょうか。しかし、それぐらいのことでくじけていては、先に進めません。

直帰率が100%のページがずらっと並んでしまった場合には、それだけを分析してもよいのですが、数が少ない場合、直帰率80%程度のページまでを対象に、それらのページがどのようなコンテンツに含まれているのかを洗い出しましょう。

その作業を通して、対象のページに共通点がないかを考えます。同じディレクトリである、特定のコンテンツを構成している、テキストが中心である、などです。共通点はいろいろ考えられます。直帰率が低かったページについても、同様の作業を進めましょう。

次に、直帰率が低かったページと高かったページを比較して、どのような違いがあるのかを検討します。デザインが違う、HTMLの書き方が違うなど、どんなことでもかまわないので、違う点をリストアップします。

こうすることで、なぜ特定のページの直帰率が高いのか、なんとなく見えてくるはずです。もしかしたら、ページのデザインがユーザーを直帰させている原因の1つかもしれません。次にクリックするべきところが見つからないと、ユーザーはブラウザーの「戻る」ボタンで戻ってしまうか、ウィンドウを閉じてしまうでしょう。別ウィンドウで開くようになっている用語解説のページで、JavaScriptを用いた「CLOSE」ボタンしかページにない、ということもあるでしょう。検索エンジンの普及に伴い、想定動線外からも簡単にアクセスできるようになったために起きている現象です。せめてあなたのWebサイトのトップページに遷移できるようにしておくと、このような困った現象を防ぐことができるかもしれません。

POINT!

ユーザーをつかみきれていないページは、ユーザーをつかんでいるページと比較することでその原因を探り、改善していきましょう。

※この記事は、以下で紹介している『Google Analytics入門』の第5章の内容をウェブ用に再構成したものです。

書籍Google Analytics入門のご紹介

Google Analytics入門
簡単・無料ソフトで始めるWebマーケティング

  • 著者:かわちれい子
  • ISBN:4-8443-2276-1
  • 価格:1,554円(税込)
  • 発行:インプレスR&D

初めてでもプロ並みのアクセス解析ができる
Google Analyticsの解説書が登場!

高度な分析が無料で簡単にできるアクセス解析ソフト「Google Analytics」の解説書です。Google Analyticsを使いこなすことができれば、無駄なSEOやキーワード広告にお金を使わず、初めてでもプロ並みの分析が可能です。企業サイトを任せられているウェブ担当者には必読の一冊です!

本書で、以下のようなことがわかります。

  • アクセスが集中するのは何曜日の何時頃?
  • 訪問者は一見さんか、リピーターか?
  • お客さんはどのページで飽きたのか?
  • どんなページが人気なのか?
  • どんな検索キーワードであなたのページにたどり着いたのか?
  • ユーザーはどんな環境であなたのウェブサイトを見ているのか?
  • お客さんはウェブサイトのなかでどんな行動をしているのか?

この他にも盛り沢山の内容で、ウェブ担当者必携の1冊です。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]