コメント投稿

ノンデザイナーなら押さえたい!デザインの基本「ジャンプ率」 ~デザインを大切にするマーケティング担当者へ~

ノンデザイナーなら押さえたい!デザインの基本「ジャンプ率」 ~デザインを大切にするマーケティング担当者へ~
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Webサイトのデザインを検討するとき、「もっとメリハリ出したい」とか「もっと落ち着いた感じにしたい」とかふわっとした意見に困ったことはありませんか?
言わんとしていることは分かるんだけど、どうしたらいいのかわからない…。
そんなノンデザイナーの皆さま向けに少しの工夫でもっとイメージに近づける小技を…。今回は「ジャンプ率」についてご説明します。

ジャンプ率とは?

ジャンプ率とは「本文の文字サイズに対する見出しの文字サイズの比率」のことです。一般的にジャンプ率が高いと賑やか、躍動的、若年向けの印象に。ジャンプ率が低いと落ち着いた、高級感のある、大人っぽい印象になると言われています。デザインにおいて印象を与える要素は、色や写真など様々ですが、実は文字の大きさとそのバランスも比率の高低によって印象を調整する重要な要素になるのです。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
130
130
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル