Webサイトリニューアルするならやっぱりコンテンツは一番大事〜画竜点睛を欠く3つの「罠」〜

「Contents is King」と30年以上前に語ったのはかのビル・ゲイツ、にもかかわらず王(コンテンツ)不在のWebサイトが多い状況について考察します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

コンテンツはWebサイトの大黒柱

Webサイトをリニューアルしようとするときに、ついデザインや機能面やマーケティングソリューションの導入などに目が行きがち。

しかしユーザーにとっての便益(ベネフィット)を第一に考えればコンテンツが一番大事です。

そしてユーザーに対してどんなアクションができるのか?
ということが本来リニューアルプロジェクトの柱になるべきです。

Webサイトのデザインという「罠」

一定レベルのデザインクオリティがあるWebサイトであれば、実際にアクセスしてくるユーザーはデザインから受け取る印象よりも、

  • 自分の知りたい情報があるか?
  • それがストレスなく判別できるか?

ということを重視しています。
あるいは、探している目的物が物理的な形を持っているものであれば、その写真や画像を探すでしょう。

つまり、求めているのはデザインではなく「目的の対象物としてのコンテンツ」であり、デザインは「コンテンツ」をユーザーにとって見つけやすく、わかりやすくするための機能の一つにすぎません。

ところが、いざWebサイトをリニューアルしようとするとコンテンツのことはさておき「デザイン」の良し悪しを議論し始めてしまいます。

デザインは見た目でわかりやすいため、文字を読まなくても印象をもって意見を言うことができます。

リニューアルの検討にあたって十分な時間が無く、制作会社を選ばないと前に進まないからと「デザインの力量で判断しよう」と結論を急ぐことも現実としてはよくあることです。

しかし、本当に意味のあるコミュニケーションを成立させたいのであれば、慌てずにコンテンツからはじめるほうが結果的に安く早く目的地にたどり着けます。

 

▼続きは下記にてご覧いただけます。
Webサイトリニューアルするならやっぱりコンテンツは一番大事〜画竜点睛を欠く3つの「罠」〜(2/3)
https://getting-better.jp/contents-is-king-170221/2/

本稿は、Webに詳しくないWebマスターのためのブログ“Getting Better”
https://getting-better.jp/
に掲載された記事です。
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]