コーポレートサイトのWebコミュニケーション設計に最強?のフレームワーク「TCFRO」

企業のWebサイトに適したフレームワークを4つの視点で考えてみました。果たして流行るでしょうか…?

最強フレームワーク「TCFRO」

なんでしょう?「TCFRO」って。

勝手に思いつきました。
これから流行らせようと思ってます(流行らないだろうな…)。

  • Target = 誰に Who
  • Contents = 何を What
  • Function = どうやって How
  • Reason = なんで? Why
  • Occasion = いつ・どこで? When Where

と、それぞれ5W1H的なものに対応してます。

そしてこの順に検討を進めていくと、Webを使ったコミュニケーションが適切に組み立てられるフレームワークになっています。

「Target(ターゲット)」はWebコミュニケーションの一丁目一番地

伝わってはじめて成立するのがコミュニケーションだとすると、なにはともあれ一番最初に考えなくてはならないのが、誰に?というコミュニケーションターゲットです。

Webコミュニケーションを設計するときに設定する 「ペルソナ」 はまさにコミュニケーションターゲットそのもの。

これができてないと、前も後ろもわからない状態のまま自分たちの都合でコンテンツを考え出し、作り手目線のコンテンツが羅列されることになり…と結果的にコミュニケーションの目的が果たせません。

加えて企業サイトの場合は特に相手は一人とは限りません。
いろいろな立場や属性のステークホルダーが想定されます。

絞り込めないこともありますが、あいまいにせず、具体的に区別して想定することが大切です。

複数の属性を持ち合わせたペルソナを設定するのではなく、対応すべき属性が分かれるならペルソナも分けるのが正解です。

 

▼続きは下記にてご覧いただけます。
コーポレートサイトのWebコミュニケーション設計に最強?のフレームワーク「TCFRO」(2/4)
https://getting-better.jp/about-tcfr-170315/2/

本稿は、Webに詳しくないWebマスターのためのブログ“Getting Better”
https://getting-better.jp/
に掲載された記事です。
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]