電通とオールアバウト子会社がBtoB企業のオウンドメディア強化「Elite Connector」開始

記事コンテンツの企画・制作・改善を実施、ビジネス系を中心に100以上のメディアと提携

電通は、BtoB(企業間取引)企業のオウンドメディアを強化するサービス「Elite Connector(エリートコネクター)」を6月16日に始めた、と同日発表した。情報サイト「All About」運営とインターネット広告事業を行うオールアバウトの100%子会社でマーケティングソリューション事業のオールアバウトパートナーズと展開。記事コンテンツの企画・制作・改善を実施する。

BtoB企業では、購買担当者に向けたオウンドメディアでの情報発信が重要な一方、読みたくなるコンテンツや、認知・検討・決定の検討段階に合わせたコンテンツの企画・立案が難しいとされることから、提供する。BtoBビジネスのソリューションを手掛ける電通グループ横断組織「電通B2Bイニシアティブ」と、記事制作ノウハウがあるオールアバウトパートナーズが組む。

ビジネス系を中心に100以上のメディアと提携することで、信頼性の高い記事コンテンツを企画・制作する。電通B2BイニシアティブのコンサルタントがBtoBマーケティングの課題を抽出。各メディアを活用した最適な記事制作プランを策定してコンテンツを企画・制作し、事後の分析や改善施策の提案も行う。全工程を専門チームが担当し、企業は業務負荷が低減できる。

Elite Connectorのサービス提供体制
提携メディアの一部
タイアップ記事広告の二次利用とElite Connectorの違い
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]