ゲーミフィケーションを活用したプロモーションを提案、オールアバウトがO2Oを強化

ゲーム企画・開発のファイブスターズゲームを子会社化、位置情報ゲームの開発基盤活用

総合情報サイト運営・インターネット広告のオールアバウトは、ゲーム企画・開発・運用、コンサルティング事業のファイブスターズゲームの株式を55%取得し、子会社にする、と2月16日発表した。インターネットから実店舗に誘導するマーケティング施策「O2O(オンラインツーオフライン)」が浸透する中、ファイブスターズゲームが保有する位置情報ゲームの開発基盤を活用し、O2Oを新たな支援分野として強化。ゲームの要素を採り入れた仕組みのゲーミフィケーションを活用したプロモーションを提案する。

ファイブスターズゲームはオンラインゲーム、デザイン制作支援などを手掛ける。位置情報を使った独自企画やアプリ開発力が強みで、位置情報ゲームは2014年7月の提供開始から3ヵ月で利用50万アカウントを超えた。オールアバウトが今後実施するO2Oによるマーケティング支援では、ファイブスターズゲームのノウハウを生かして位置情報ゲームアプリを開発し、外食や流通・メーカーを中心に店舗や施設などとの連動を提案する。将来は、アプリをアドネットワーク化した広告プラットフォームの確立も目指す。

オールアバウト
http://corp.allabout.co.jp/

ファイブスターズゲーム
http://5sg.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]