パーソナライズの効果と限界。マーケティング担当者が考えるべきこと。

パーソナライズの効果と限界。マーケティング担当者が考えるべきこと。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

データを活用したマーケティングということで、Webサイト上でコンテンツをパーソナライズする企業が増えてきている。過去の閲覧データからパーソナライズしたり、DMPと連携することで他サイトの閲覧履歴データをもとにパーソナライズできるようになった。

しかし、このようなWebサイト上でのパーソナライズは一般的には効果があると言われているが、もちろん効果が期待できる企業と効果が期待できない企業がある。企業担当者は、競合他社の動向やデジタルの流行に乗り遅れまいとして導入を検討することが多いが、まずは冷静に自社にとってパーソナライズがそもそも有効なのかを検討すべきである。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]