美容商材カタログ制作側に現場の声を反映させる最もスピーディーでスマートな方法

カタログ制作の際の悩みの1つとして、「制作側と使う現場の感覚の相違」があります。今回は、現場から紙を使わずタイムリーにフィードバックを得る方法をご紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

カタログ制作の悩みとして多く挙げられる点のひとつに、「制作側と使う現場の感覚の相違」があります。カタログを作る側は制作のプロではあるものの、接客や販売のプロではないため、無理もありません。反対に使う現場側も、改善点を伝える機会を与えられなければ、なかなか意見を出すことができないのが現状です。

どんなに多忙でも簡単に意見を出せる環境を

より良い業務環境構築のため、社内に「意見箱」などを設けている企業も少なくありません。しかしながら、デキる営業マンやサロンスタイリストほど忙しく、意見を書いて提出する暇があるのなら、あらたな接客に時間を注ぎたいもの。こうして制作と現場の隔たりはますます広がってしまうのです。

改善する方法として挙げられるのは、「多忙な社員、スタッフでも簡単に意見が出来る環境」を整えること。紙と筆記用具を用意しないで済むのはもちろん、気がついた時、いかにタイムリーに意見を出せる環境を作れるかが重要です。

続きはこちらのサイトでご覧ください
https://handbook.jp/blog/2015/12/25/tablet_beauty_catalog/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    1. どんなに多忙でも簡単に意見を出せる環境を
    2. 会議よりも効率的な意見のフィードバック方法
    3. 星評価は膨大な情報から人気のものを見つけるときにも便利
    4. タブレットカタログで新人を即戦力に!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    この記事が役に立ったらシェア!
    みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
    • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
    • 事例やインタビューも見逃さない
    • 要チェックのセミナー情報も届く
    みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
    • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
    • 事例やインタビューも見逃さない
    • 要チェックのセミナー情報も届く

    人気記事トップ10(過去7日間)

    今日の用語

    JPRS
    株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

    連載/特集コーナーから探す

    インフォメーション

    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]