マリンソフトウェア、米本社の2013年度版モバイル検索広告のグローバルレポートを公表

米国ではタブレットのコンバージョン率が大幅に増加、クリックスルー率はPCを上回る

デジタル広告管理プラットフォームのマリンソフトウェアは、米国本社のマリンソフトウェアがまとめた2013年度版モバイル検索広告のグローバルレポートを2月27日発表した。タブレットの普及に伴い、米国ではタブレットのコンバージョン(成果)率が大幅に増加し、検索広告のクリックスルー率(ユーザーが広告をクリックした割合)はタブレット向けがPC向けを上回った。日本を含む米国、英国、中国、シンガポール、ロシアなど12ヵ国とユーロ圏の大手広告主を対象に調べた。

消費者が商品・サービスを調べたり購入するため、従来以上にタブレットを使用していることが明確になり、米国ではタブレットからのコンバージョン率の伸びが2012年に31%と、スマートフォンの9%、PCの7%を大きく上回った。2013年12月までにコンバージョン率でタブレット広告がPC広告を抜くとみられる。検索広告のクリックスルー率も、米国ではタブレット向けがPC向けより37%多い。半面、タブレット向け有料検索広告の平均クリック単価は、PC向けを17%下回っている。

2012年のPCとモバイル(スマートフォン・タブレット)のクリックシェアの中でモバイルの割合は、日本が16.2%で、米国18.4%、英国19.0%、シンガポール22.5%。PCとモバイルの広告費のうち、モバイルの割合は日本が10.9%、米国と英国が各14.0%、シンガポール20.0%だった。米マリンソフトウェアは「タブレットユーザーはPCと似た方法で検索広告に関わって商品を購入している」とし、「タブレット向け検索広告は、広告主にとって見逃せなくなってきている」と分析した。

マリンソフトウェア
http://www.marinsoftware.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]