米国マリンソフトウェアがクロスチャンネル広告プラットフォーム「MarinOne」発表

データを1プラットフォームに統合、検索連動とソーシャル広告が合わせて管理可能
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティングプラットフォームの米国マリンソフトウェアの日本法人、マリンソフトウェアは、米国本社が次世代クロスチャンネル広告プラットフォーム「MarinOne」を発表した、と6月14日公表した。各種の広告データが1つのプラットフォームに統合でき、検索連動広告とソーシャル広告が合わせて管理可能になる。

MarinOneによってシングルチャンネルの広告管理ツールよりパフォーマンスを高められ、キャンペーンの連携でROI(投資利益率)の最大化につながる。米国の調査では広告チャンネルでソーシャルが最も人気があり、検索連動広告とソーシャル広告を組み合わせるとコンバージョン(最終成果)率が2倍になる結果が出たという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]