米国Fortinetが「FortiWeb Webアプリケーションファイアウォール」の最新版発表

機械学習機能を導入、100%に近い正確さでウェブアプリケーションの脅威を検知
よろしければこちらもご覧ください

サイバーセキュリティソリューションの米国Fortinet(フォーティネット)の日本法人、フォーティネットジャパンは、米国本社がファイアウォール「FortiWeb Webアプリケーションファイアウォール(WAF)」の最新版「6.0」を発表した、と6月14日公表した。

機械学習機能を導入し、100%に近い正確さでウェブアプリケーションの脅威を検知するという。脅威検知の正確性が高まったことでレスポンスタイムが短縮され、容易な設定で自動的に阻止。スタッフが対応する前にアラートを見直す必要性がなくなった。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]