調査データから見るECサイトのカゴ落ちの理由と対策

調査データから見るECサイトのカゴ落ちの理由と対策
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ショッピングカートにいれても購入に至らない、いわゆる「カゴ落ち」。
この比率は60-70%近くあるとも言われています。
これを数%でも引き下げることができれば、大きく売上を改善できます。

カゴ落ち理由の調査結果

さて、下記のグラフをご覧ください。
http://skan.in/wp-content/uploads/2014/12/save-cart-abandon1.jpg

これはカゴ落ち理由についての調査結果「VWO eCommerce Survey 2014」から引用したデータです。
カゴ落ちの一番の理由に「予想外の配送料」(28%)を挙げてています。
また順に、「アカウントを作らなければならない」(23%)、「調べていただけ」(16%)などが続きます。

ここから読み取れるカゴ落ち対策は以下の様なものと考えられます。

カゴ落ち対策の基本

  • 配送料対策
  • アカウントを作らなければならない

詳細は下記からご確認ください。
http://skan.in/2014/12/04/save-cart-abandon/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]