Google?Yahoo!?スタートページを何にしていますか

私がスタートページをYahoo!に変えた理由

 Googleの検索結果とページのシンプルさに惹かれ、この数年ずっと検索エンジンとしてグーグルを愛用している。にもかかわらず、最近は、WebブラウザのスタートページをGoogleではなくYahoo! Japanへと切り替えている。

 変更した理由はこうだ。検索はIE用のGoogleツールバーから利用しているので、トップページはどうでもよくなってきたため、試しにヤフーにしてみたのだ。
 ある日ネット業界で働く人たちの飲み会でこの話をしたところ、Google好きを自称するエンジニア達の中にも「スタートページはYahoo!にしている」という人が多かったことに驚いた。理由はほかにも色々あるようだった。「検索だけをずっとしているわけではなく、色々なツールを使う。そうするとYahoo!のほうが便利」、「ニューストピックスがあったほうがいいから」など、Yahoo! Japanの担当者が聞いたら喜びそうな声。ポータル戦略がうまくいっている、ということなのだろう。

 国外のGoogleシェアと比べ、「日本の検索ポータル事情は特殊」とよく言われるが、スタートページはどうなのだろう。気になったので、日本のPC向け主要ポータルサイトのトップページを調査することにしてみた。あるサイトのユーザに回答を求めたところ、1,686人から回答が得られた。

「スタートページ、何にしてる?」調査結果

  • Yahoo! ― 50.7%
  • Google ― 11.3%
  • MSN ― 9.7%
  • その他ポータルサイト ― 3.9%
  • プロバイダのサイト ― 6.1%
  • 自分個人のサイト/ブログ ― 6.0%
  • そのほか ― 12.3%
    •  スタートページの割合だけでいうと、GoogleはYahoo!の5分の1程度だということが分かる。調査会社などが発表している、国内の検索エンジン・シェアでのGoogleの割合よりもずっと低い数字だ。
       なお、「そのほか」の割合が多いが、この中にはSNSをスタートページにしている人が多いのかもしれない。

      あなたはどのタイプ?

       クロス集計したわけではないので正確なことは言えないが、おおまかに分けてこういった層に分けられるのではないだろうか(最近はデスクトップ統合アプリやWebブラウザへのプラグインが普及しつつかるため、事情は単純化できないが)。

      • スタートページ、検索ともにYahoo!
      • Yahoo!をスタートページにしているが調べ物はGoogle(Yahoo!経由でGoogleへアクセス)
      • Yahoo!をスタートページにしているが調べ物はGoogle(ツールバーやブックマーク経由でGoogleへアクセス)
      • それ以外のサイトをスタートページにしているが調べ物はGoogle
      • そのほか(スタートページはGoogleでYahoo!検索など)

       あなたの周りはどのタイプが多いのだろうか。聞いてみるとなにか意外な発見があるかもしれない。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]