Webサイト運営の担当部署は営業?広報?総務? 「兼任Web担当」の実態を調査【インフォネット調べ】

サイト分析は6割超が実施しているが「使いこなせない」「始め方がわからない」の声も。

インフォネットは、「兼任Web担当のサイト運営」に関する調査結果を発表した。サイト運営をしている非専門人材/兼務人材101人が回答している。

サイト分析したいが「ツールを使いこなせない」「どの数値を見ればいいかわからない」の声

まず全体に「自身の職種」を聞くと、「総務」25.7%、「営業」15.8%、「マーケティング」10.9%が上位。Web専門部署がない場合、総務人材が兼任することが多いようだ。「広報」は意外にも低く3.0%にとどまる。なお法務、財務、SDGs/ESG推進室はゼロだった。

「サイト分析を行っているか」を聞くと「行っている」62.4%、「行っていない」30.7%、「わからない」6.9%と6割超が実施。実施している63人に理由を聞くと、「サイトのパフォーマンス向上につなげるため」63.5%、「サイトの問題点を把握するため」54.0%、「ユーザーのニーズ解析のため」54.0%が上位だった。

一方実施していないとした31人に「サイト分析を行う必要性を感じているか」を聞くと、「非常に感じている」6.4%、「やや感じている」45.2%とあわせて半数を超えており、兼任だからと放置せず必要性を感じている人が多い。具体的に「サイト分析を行っていない理由」を聞くと、「分析用ツールを使いこなせないため」22.6%のほか、「どの数値を見ればいいのかわからないため」「数値から意味を読み取れないため」「分析の何から始めるべきかわからないため」いずれも16.1%という声があがった。

なお「1週間あたりのサイト運営関連業務にかけている時間」を全体に聞くと、「4~6時間未満」29.7%が最多。「2~4時間未満」21.8%がそれに続く。「特に時間がかかっていると感じているサイト運営関連業務」では、「サイトの運用」49.5%、「サイトの分析・レポート」39.6%、「コンテンツ制作」38.6%、「分析・レポート結果の報告資料作成」30.7%が上位だった。GA4以上に簡易でわかりやすい分析ツールのニーズがありそうだ。

調査概要

  • 【調査対象】サイト運営をしている非専門人材/兼務人材
  • 【調査方法】IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査
  • 【調査時期】2023年12月4日~5日
  • 【有効回答数】101人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]